‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail でバケットを管理するための IAM ポリシー

最終更新日: 2021 年 7 月 14 日

以下のポリシーは、Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービスにて特定のバケットを管理するためのアクセス権限をユーザーに付与します。このポリシーは、Lightsail コンソール、 AWS Command Line Interface (AWS CLI)、AWS API、および AWS SDK を通じてバケットにアクセスを許可します。ポリシーで、<BucketName>を管理するバケット名に置き換えます。IAM ポリシーの詳細については、AWS Identity and Access Management ユーザーガイドにある IAM ポリシー作成を参照してください。IAM ユーザーおよびユーザーグループ作成の詳細は、AWS Identity and Access Management ユーザーガイドIAM 委任されたユーザーおよびユーザーグループ作成を参照してください。

重要

このポリシーを持たないユーザーは、Lightsail コンソールのバケット管理ページにあるオブジェクトタブを表示する際にエラーが発生します。

{
 "Version": "2012-10-17",
 "Statement": [
 {
 "Sid": "LightsailAccess",
 "Effect": "Allow",
 "Action": "lightsail:*",
 "Resource": "*"
 },
 {
 "Sid": "S3BucketAccess",
 "Effect": "Allow",
 "Action": "s3:*",
 "Resource": [
 "arn:aws:s3:::<BucketName>/*",
 "arn:aws:s3:::<BucketName>"
 ]
 }
 ]
}

Lightsail でのバケットとオブジェクトの管理

Lightsail オブジェクトストレージバケットを管理するための一般的なステップは次のとおりです。

  1. Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービスのオブジェクトとバケットについて説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトストレージ」を参照してください。

  2. Amazon Lightsail でバケットに付けることができる名前について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの命名規則」を参照してください。

  3. バケットを作成することにより、Lightsail オブジェクトストレージサービスの使用を開始します。詳細については、「Amazon Lightsail でのバケットの作成」を参照してください。

  4. バケットのセキュリティに関するベストプラクティスと、バケットに対して設定できるアクセス許可について説明します。バケットのすべてのオブジェクトをパブリックまたはプライベートにすることも、個別のオブジェクトをパブリックにすることもできます。また、アクセスキーを作成し、バケットにインスタンスをアタッチし、他の AWS アカウントへのアクセスを許可して、バケットへのアクセスを許可することもできます。詳細については、「Amazon Lightsail オブジェクトストレージのセキュリティのベストプラクティス」と「Amazon Lightsail のバケットアクセス許可について」を参照してください。

    バケットのアクセス許可について学習したら、次のガイドを参照してバケットへのアクセスを許可します。

  5. バケットのアクセスログ記録を有効にする方法と、アクセスログを使用してバケットのセキュリティを監査する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  6. Lightsail のバケットの管理をユーザーに許可する IAM ポリシーを作成します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットを管理する IAM ポリシー」を参照してください。

  7. バケットのオブジェクトのラベル付けと識別方法について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトのキー名について」を参照してください。

  8. バケットでファイルをアップロードする方法と、オブジェクトを管理する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  9. オブジェクトのバージョニングを有効にして、バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのあらゆるバージョンを保存、取得、復元することができます。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

  10. オブジェクトのバージョニングを有効にすると、バケットのオブジェクトの以前のバージョンを復元できるようになります。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのオブジェクトの以前のバージョンの復元」を参照してください。

  11. バケットの使用率をモニタリングします。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのメトリクスの表示」を参照してください。

  12. バケットの使用率がしきい値を超えたときにバケットメトリクスが通知されるようにアラームを設定します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットメトリクスアラームの作成」を参照してください。

  13. ストレージおよびネットワーク転送で不足している場合は、バケットのストレージプランを変更します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのプランを変更する」を参照してください。

  14. バケットを他のリソースに接続する方法について説明します。詳細については、以下のチュートリアルを参照してください。

  15. バケットを使用しなくなった場合は、バケットを削除します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの削除」を参照してください。