‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail ディストリビューションのオリジンを変更する

最終更新日: 2020 年 7 月 23 日

このガイドでは、Amazon Lightsail ディストリビューションを作成後、オリジンの変更方法を紹介します。オリジンとは、ディストリビューションのコンテンツの最終的なソースです。ディストリビューションを作成するときに、Lightsail インスタンス、Lightsail バケット、Lightsail ウェブサイトまたはウェブアプリケーションのコンテンツをホストするロードバランサー(1 つ以上のインスタンスが添付されている)を選択します。詳細については、Amazon Lightsail でコンテンツ配信ネットワークディストリビューションを参照してください。

ディストリビューションを作成後、いつでもオリジンを変更できます。オリジンを変更する時、直ちにディストリビューションはエッジロケーションに変更を適用します。ディストリビューションがエッジロケーションの新しいオリジンに更新されるまで、古いオリジンにリクエストが転送されます。

オリジンを変更しても、 ディストリビューションは新しいオリジンからのコンテンツでエッジキャッシュを生成し直す必要はありません。ウェブサイトまたはウェブアプリケーション内でユーザーのリクエストが変更されていない限り、コンテンツのキャッシュのライフスパンが切れるまで、ディストリビューションは、エッジキャッシュに既存するコンテンツを供給します。

オリジンプロトコルポリシー

オリジンプロトコルポリシーは、オリジンからコンテンツを引き出す時にディストリビューションが使用するプロトコルポリシーです。ディストリビューションのオリジンを選択した後、オリジンからコンテンツを引き出す際に、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) か、Hypertext Transfer Protocol Secure (HTTPS) どちらを使用すべきか決めます。オリジンが HTTPS 用に設定されていない場合は、HTTP を使用する必要があります。

ディストリビューションに対して、次のいずれかのオリジンプロトコルポリシーを選択できます。

  • HTTP Only - オリジンへのアクセスに HTTP のみを使用します。これがデフォルトの設定です。

  • HTTPS Only - オリジンへのアクセスに HTTPS のみを使用します。

オリジンプロトコルポリシーを編集する手順は、このガイドのディストリビューションのオリジンを変更するセクションを参照してください。

ディストリビューションのオリジンを変更する

ディストリビューションのオリジンの変更を行うには、以下の手順を実行します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで、[ネットワーキング] タブを選択します。

  3. オリジンを変更したいディストリビューションの名前を選択します。

  4. ディストリビューション管理ページの詳細タブを選択して、オリジンの選択までスクロールします。

    オリジンの選択セクションには、ディストリビューションの現在のオリジンが表示されます。

  5. オリジンを変更を選択します。

  6. オリジンのリソースが作成された AWS リージョンを選択します。

    ディストリビューションはグローバルリソースです。どの AWS リージョンでもオリジンをリファレンスでき、グローバルにそのコンテンツを配信することができます。

  7. オリジンの選択。オリジンは、インスタンス、バケット、またはロードバランサー(1 つ以上のインスタンスが添付されている)にすることが可能です。

  8. 保存を選択して、新しいオリジンでディストリビューションを更新します。

    ディストリビューションのオリジンを選択したら、オリジンからコンテンツを引き出す際に、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) かHypertext Transfer Protocol Secure (HTTPS) のどちらを使用するかを決める必要があります。

  9. (オプション)オリジンプロトコルポリシーを変更するには、ディストリビューションが使用する現在のオリジンプロトコルポリシーの横に表示される鉛筆アイコンを選択します。詳細については、オリジンプロトコルポリシーを参照してください。

    このオプションは、オリジンの選択セクションにあり、選択したディストリビューションのオリジンリソース下にあります。

    注意

    Lightsailバケットをディストリビューションのオリジンとして選択すると、オリジンプロトコルポリシー HTTPS Only にデフォルトされます。バケットがディストリビューションのオリジンである場合、オリジンプロトコルポリシーを変更することはできません。

    オリジンプロトコルポリシー
  10. HTTP Only または HTTPS Only を選択して、保存を選択してオリジンプロトコルポリシーを保存します。

ディストリビューション設定に変更を保存すると、 変更をすべてのエッジロケーションに伝達し始めます。エッジロケーションで設定が更新されるまで、 以前の設定に基づいて、そのエッジロケーションからコンテンツを引き続き供給します。エッジロケーションで設定が更新されると、 新しい設定に基づいて、そのエッジロケーションからコンテンツを直ちに供給し始めます。

変更は、すべてのエッジロケーションにすぐに伝達されるわけではありません。伝達が完了すると、ディストリビューションのステータスが進行中からデプロイ済みに変わります。ディストリビューションが変更を伝達している間、特定のエッジロケーションでコンテンツが以前の設定または新しい設定のどちらに基づいて供給されるかを判別することはできません。

追加情報

ここでは、Lightsail でディストリビューションを管理するのに役立つ記事をいくつか紹介します。