‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail インスタンスで E メールサーバーの逆引き DNS を設定する

最終更新日: 2018 年 8 月 21 日

E メールサーバーでは、ドメインネームシステム (DNS) 逆引き参照を使用して、メッセージの発信元を追跡し、それがスパムや悪意のあるメッセージではないことを確認します。DNS 逆引き参照は、IP アドレスのドメイン名を返します。これは、ドメインの IP アドレスを返す DNS 前方参照の反対です。

たとえば、IP アドレス 192.168.1.2 の DNS 逆引き参照がサブドメイン mail.example.com を返し、サブドメイン mail.example.com の DNS 前方参照が IP アドレス 192.168.1.2 を返すと、IP アドレス 192.168.1.2 の逆引き DNS は前方確認されます。詳細については、Wikipedia の「Forward-confirmed reverse DNS」を参照してください。

Amazon Lightsail インスタンスの逆引き DNS を設定するには、前提条件を満たした上で、アウトバウンドメッセージングのクォータの削除リクエストを AWS Support に送信します。これらのステップを以下のセクションで示します。

Prerequisites

逆引き DNS を設定するには、次の前提条件を以下の順に実行します。

  1. E メールサーバーとして使用する Lightsail インスタンスを作成します。詳細については、「Amazon Lightsail インスタンスを作成する」を参照してください。

  2. 逆引き DNS レコードとして使用する静的 IP を作成し、これを実行中のインスタンスにアタッチします。詳細については、「Amazon Lightsail で静的 IP を作成してインスタンスにアタッチする」を参照してください。

    重要

    インスタンスの初回作成時に割り当てられるデフォルトのパブリック IP を逆引き DNS として使用することはできません。インスタンスのデフォルトのパブリック IP は、インスタンスの停止や開始に伴って変わるためです。

  3. ドメインの DNS ゾーンで、サブドメイン (mail.example.com など) をポイントするエイリアスレコード (A レコード) を、実行中のインスタンスの静的 IP アドレスに追加します。このサブドメインは、静的 IP アドレスの DNS 逆引き参照を実行したときに返されます。詳細については、「Amazon Lightsail で DNS ゾーンを作成し、ドメインの DNS レコードを管理する」を参照してください。

    注意

    ドメインの DNS レコードの管理を Lightsail に引き渡すことをお勧めします。これにより、ドメインなどのすべてのリソースを 1 つの場所 (Lightsail コンソール) で管理できます。詳細については、「Amazon Lightsail で DNS ゾーンを作成し、ドメインの DNS レコードを管理する」を参照してください。

  4. 変更がインターネットの DNS を通じて伝播されるまで待ちます。次に、AWS Support に対して逆引き DNS の設定リクエストを送信します。

AWS Support に逆引き DNS の設定リクエストを送信する

セキュリティ上の理由から、Lightsail では、ポート 25 を介したアウトバウンドメッセージがデフォルトで制限されます。ただし、このクォータをアカウントから削除するリクエストを AWS Support に送信し、静的 IP の逆引き DNS を設定できます。

    AWS Support にリクエストを送信するには

  1. Lightsail コンソールに AWS アカウントのルートユーザーとしてサインインします。

    重要

    リクエストは AWS アカウントのルートユーザーを使用して送信する必要があります。AWS アカウントのルートユーザーの詳細については、「AWS アカウントのルートユーザー」を参照してください。

  2. E メール送信制限解除リクエストフォームに移動し、以下の必須情報を入力します。

    注意

    このフォームは、Elastic IP (EIP) や EC2 インスタンスなどの Amazon Elastic Compute (EC2) リソースを参照します。ただし、静的 IP や Lightsail インスタンスなどの Lightsail リソース用のフォームを使用することもできます。

    • E メールアドレス – リクエストに関するメッセージを受信できる E メールアドレスを入力します。このテキストボックスには、アカウントの E メールアドレスが事前設定されます。

    • ユースケースの説明 - E メールのクォータの削除をリクエストする理由を入力します。

    • Elastic IP アドレス – このガイドの前提条件のステップ 2 でインスタンスにアタッチした静的 IP アドレスを入力します。静的 IP アドレスを 2 つまで入力できます。

    • EIP の逆引き DNS レコード – このガイドの前提条件のステップ 3 で定義したサブドメインを入力します。このドメインは、DNS 逆引き参照を実行したときに返されます。

  3. 終了したら、[送信] を選択します。

    AWS Support でリクエストが受理されると、静的 IP アドレスが DNS 逆引き参照で前方確認されます。

    後で Lightsail アカウントから静的 IP アドレスを削除する場合は、逆引き DNS 設定の削除リクエストを AWS Support に送信する必要があります。逆引き DNS 設定が削除されると、Lightsail コンソールを使用して Lightsail アカウントから静的 IP アドレスを削除できます。詳細については、「Amazon Lightsail で静的 IP を削除する」を参照してください。