‹ ハウツー に戻る

チュートリアル: Amazon Lightsail の WordPress ウェブサイトを Amazon S3 バケットに接続する

最終更新日: 2022 年 2 月 23 日

このチュートリアルでは、Amazon Lightsail インスタンスで実行されている WordPress ウェブサイトを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に接続して、ウェブサイトの画像とアタッチメントを保存するのに必要なステップについて説明します。そのためには、Amazon Web Services (AWS) アカウントの認証情報のセットを使用して、WordPress プラグインを設定します。これで、プラグインによって Amazon S3 バケットが作成され、インスタンスのディスクの代わりに、バケットをウェブサイトの画像とアタッチメントに使用するようにウェブサイトが設定されます。

目次

ステップ 1: 前提条件を満たす

開始する前に、Lightsail に WordPress インスタンスを作成し、実行状態になっていることを確認します。詳細については、「チュートリアル: Amazon Lightsail で WordPress インスタンスを起動して設定する」を参照してください。

ステップ 2: WordPress ウェブサイトに WP Offload Media プラグインをインストールする

プラグインを使用して、Amazon S3 バケットを使用するようにウェブサイトを設定する必要があります。設定するために利用できるプラグインは多数あります。そのようなプラグインのひとつに WP Offload Media Lite があります。

次のステップに従って、WordPress ウェブサイトに WP Offload Media プラグインをインストールします。

  1. 管理者として WordPress のダッシュボードにサインインします。

    詳細については、「Amazon Lightsail の "Certified by Bitnami" インスタンスのアプリケーションのユーザー名とパスワードを取得する」を参照してください。

  2. 左側のナビゲーションメニューの [プラグイン] にカーソルを合わせ、[Add New (新規追加)] を選択します。

    WordPress ダッシュボードに新しいプラグインメニュー項目を追加します。
  3. [WP Offload Media Lite] を検索します。

  4. 検索結果の中から WP Offload Media プラグインの横の [Install Now] (今すぐインストール)を選択します。

    WordPress 用の WP Offload Media Lite プラグイン。
  5. プラグインのインストールが完了したら、[アクティベート] を選択します。

  6. 左ナビゲーションメニューで、[設定]、[Offload Media] の順に選択します。

    Wordpress ダッシュボードの設定。
  7. [Offload Media] ページで、ストレージプロバイダーとして [Amazon S3] を選択し、[wp-config.php でアクセスキーを定義する] を選択します。

    このオプションでは、インスタンスのwp-config.phpに AWS アカウント認証情報を追加する必要があります。これらのステップについては、このチュートリアルの後半で説明します。

    WP Offload Media ページ。

    [Offload Media] ページは開いたままにします。このチュートリアルの後半で使用します。このチュートリアルの「ステップ 3: IAM ユーザーとポリシーを作成する」セクションに進みます。

ステップ 3: IAM ユーザーとポリシーを作成する

WP Offload Media プラグインは、AWS のアカウントにアクセスして、Amazon S3 バケットを作成し、ウェブサイトの画像とアタッチメントをアップロードします。

次のステップに従って、WP Offload Media プラグインの新しい AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーとポリシーを作成します。

  1. 新しいブラウザタブを開き、IAM コンソールにサインインします。

  2. 左のナビゲーションメニューの [ユーザー] を選択します。

  3. [ユーザーを追加] を選択します。

  4. [ユーザー名] テキストボックスに、新しいユーザーの名前を入力します。wp_s3_userwp_offload_media_plugin_user など、分かりやすい名前を入力して、将来メンテナンスを実行するときに簡単に識別できるようにします。

  5. [アクセスの種類] セクションで、[プログラムによるアクセス] を選択します。

    IAM コンソールのアクセスの種類。
  6. [Next: Permissions (次へ: アクセス許可)] を選択します。

  7. [既存のポリシーを直接アタッチします] を選択し、[S3] を検索して、検索結果で [AmazonS3FullAccess] を選択します。

    IAM コンソールでユーザーに既存のポリシーをアタッチします。
  8. [次へ: タグ]、[次へ: 確認] の順に選択します。

  9. ページに表示されるユーザーの詳細を確認し、[ユーザーの作成] を選択します。

  10. ユーザーの [アクセスキーID] と [シークレットアクセスキー] をメモするか、[.csv のダウンロード] を選択してこれらの値のコピーをローカルドライブに保存します。これらの値は、WordPress インスタンスで wp-config.php ファイルを編集する際、次のいくつかの手順で必要になります。

ステップ 4: WordPress 設定ファイルを編集する

次の手順に従って、Lightsail コンソールでブラウザーベースの SSH クライアントを使用して WordPress インスタンスに接続し、wp-config.php ファイルを編集します。

wp-config.php ファイルには、データベース接続情報など、ウェブサイトの基本設定の詳細が含まれています。

注意

独自の SSH クライアントを使用してインスタンスに接続することもできます。詳細については、「Amazon Lightsail で PuTTY をダウンロードし、SSH を使用して接続するようにセットアップする」を参照してください。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. WordPress インスタンスのブラウザベースの SSH クライアントアイコンを選択します。

    Lightsail コンソールのブラウザベースの SSH クライアントアイコン。
  3. 表示される SSH クライアントウィンドウで、次のコマンドを入力して、問題が発生した場合に備えて wp-config.php ファイルのバックアップを作成します。

    sudo cp /opt/bitnami/wordpress/wp-config.php /opt/bitnami/wordpress/wp-config.php.backup
  4. 次のコマンドを入力して、テキストエディタ wp-config.php を使用し、nano ファイルを開きます。

    nano /opt/bitnami/wordpress/wp-config.php
  5. テキスト /* That's all, stop editing! Happy blogging. */ の上に次のテキストを入力します。

    AccessKeyID をアクセスキー ID に、SecretAccessKey をこれらのステップの前半で作成した IAM ユーザーのシークレットアクセスキーに置き換えます。

    define( 'AS3CF_SETTINGS', serialize( array(
     'provider' => 'aws',
     'access-key-id' => 'AccessKeyID',
     'secret-access-key' => 'SecretAccessKey',
    ) ) );

    例:

    define( 'AS3CF_SETTINGS', serialize( array(
     'provider' => 'aws',
     'access-key-id' => 'AKIAIOSFODNN7EXAMPLE',
     'secret-access-key' => 'wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY',
    ) ) );

    結果は次の例のようになります。

    wp-config.php ファイルの AWS アカウント認証情報。
  6. Ctrl+X を押して Nano を終了してから YEnter の順に押して編集内容を wp-config.php ファイルに保存します。

  7. 次のコマンドを入力して、インスタンス上のサービスを再起動します。

    sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart

    サービスが再起動されると次のような結果が表示されます。

    インスタンスのサービスを再起動します。

    SSH ウィンドウを閉じ、このチュートリアルの前半で開いたままにした [Offload Media] ページに戻ります。これで、WP Offload Media プラグインを使用して Amazon S3 バケットを作成する準備ができました。

ステップ 5: WP Offload Media プラグインを使用して Amazon S3 バケットを作成する

AWS 認証情報で wp-config.php ファイルが設定されたので、[Offload Media] ページに戻ってプロセスを完了します。

次のステップを実行して、WP Offload Media プラグインを使用して Amazon S3 バケットを作成します。

  1. [Offload Media] ページを更新するか、[次へ] を選択します。

    Amazon S3 プロバイダーが設定されていることがわかります。

  2. [新しいバケットの作成] を選択します。

    WP Offload Media プラグインを使用して新しい Amazon S3 バケットを作成します。
  3. [リージョン] ドロップダウンメニューで、目的の AWS リージョンを選択します。WordPress インスタンスがあるリージョンと同じリージョンを選択することをお勧めします。

  4. [バケット] テキストボックスに、新しい S3 バケットの名前を入力します。

    WP Offload Media プラグインを使用して新しい Amazon S3 バケットを設定します。
  5. [新しいバケットの作成] を選択します。

    ページが更新され、新しいバケットが作成されたことを確認します。表示される設定を確認し、WordPress ウェブサイトの動作に合わせて調整します。

    WP Offload Media プラグイン設定。

    今後、ブログ投稿に追加された画像やアタッチメントは、作成した Amazon S3 バケットに自動的にアップロードされます。

ステップ 6:次のステップ

WordPress ウェブサイトを Amazon S3 バケットに接続したら、WordPress インスタンスのスナップショットを作成して、行った変更をバックアップする必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail で Linux または Unix インスタンスのスナップショットを作成する」を参照してください。