‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail ディストリビューションの作成

最終更新日: 2022 年 1 月 25 日

このガイドでは、Lightsail コンソールを使用して Amazon Lightsail ディスディストリビューションを作成する方法と、ディストリビューションの設定について説明します。ディストリビューションの詳細については、「Amazon Lightsail でのコンテンツ配信ネットワークディストリビューション」を参照してください。

目次

前提条件

ディストリビューションの作成のスタート前に、前提条件として次の作業を完了してください。

  1. ディストリビューションでインスタンス、コンテナサービス、バケットのどれを使用するか応じて、次のいずれかを実行します。

    • コンテンツをホストする Lightsail インスタンスを作成します。インスタンスは、ディストリビューションのオリジンとして機能します。オリジンサーバーには、コンテンツのオリジナルの最終バージョンが保存されます。詳細については、「Amazon Lightsail インスタンスを作成する」を参照してください。

      Lightsail 静的 IP をインスタンスにアタッチします。インスタンスを停止して起動すると、インスタンスのデフォルトのパブリック IP アドレスが変更されるため、ディストリビューションとオリジンインスタンスの接続が切断されます。インスタンスを停止して開始しても、静的 IP は変更されません。詳細については、「静的 IP を作成して Amazon Lightsail インスタンスに添付する」を参照してください。

      インスタンスにコンテンツとファイルをアップロードします。ファイル (オブジェクト) には、ウェブページ、イメージ、メディアファイルに限らず、HTTP 経由で提供できるもの全てが含まれます。

    • ウェブサイトやウェブアプリケーションをホストする Lightsail コンテナサービスを作成します。コンテナサービスは、ディストリビューションのオリジンとして機能します。オリジンサーバーには、コンテンツのオリジナルの最終バージョンが保存されます。詳細については、「Amazon Lightsail コンテナサービスの作成」を参照してください。

    • Lightsail バケットを作成して、静的コンテンツを保存します。バケットは、ディストリビューションのオリジンとして機能します。オリジンは、オリジナル、最終バージョンコンテンツを保存します。詳細については、「Amazon Lightsail でのバケットの作成」を参照してください。

      Lightsail コンソール、AWS Command Line Interface(AWS CLI)、および AWS API を使用して、ファイルをバケットにアップロードします。ファイルのアップロードに関する詳細については、「Amazon Lightsail のバケットへのファイルのアップロード」を参照してください。

  2. (オプション) ウェブサイトに耐障害性が必要な場合、Lightsailロードバランサーを作成してください。次に、インスタンスの複数のコピーをロードバランサーに添付します。インスタンスをオリジンとして設定する代わりに、ロードバランサー(複数のインスタンスが添付されている)をディストリビューションのオリジンとして設定することができます。詳細については、「Lightsail ロードバランサーを作成してインスタンスを添付する」を参照してください。

オリジンリソース

オリジンとは、あなたのディストリビューションのためのコンテンツの決定的なソースです。ディストリビューションを作成する際に、ウェブサイトまたはウェブアプリケーションのコンテンツをホストする Lightsail インスタンス、コンテナサービス、バケット、またはロードバランサー (1 つまたは複数のインスタンスがアタッチされている) を選択します。

1 つのディストリビューションにつき 1 つのオリジンのみ選択できます。ディストリビューションを作成後、いつでもオリジンを変更できます。詳細については、「Amazon Lightsail でディストリビューションのオリジンを変更する」を参照してください。

ディストリビューションオリジンセレクター

オリジンプロトコルポリシー

オリジンプロトコルポリシーは、オリジンからコンテンツを引き出す時にディストリビューションが使用するプロトコルポリシーです。ディストリビューションのオリジンを選択した後、オリジンからコンテンツを引き出す際に、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) か、Hypertext Transfer Protocol Secure (HTTPS) どちらを使用すべきか決めます。オリジンが HTTPS 用に設定されていない場合は、HTTP を使用する必要があります。

ディストリビューションに対して、次のいずれかのオリジンプロトコルポリシーを選択できます。

  • HTTP Only - オリジンへのアクセスに HTTP のみを使用します。これはデフォルトの設定です。

  • HTTPS Only (HTTPS のみ) : オリジンへのアクセスに HTTPS のみを使用します。

オリジンプロトコルポリシーを編集するステップは、このガイドで後述する「ディストリビューションを作成する」セクションを参照してください。

注意

Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択すると、[Origin protocol policy] (オリジンプロトコルポリシー) はデフォルトで [HTTPS only] (HTTPS のみ) に設定されます。バケットがディストリビューションのオリジンである場合、オリジンプロトコルポリシーを変更することはできません。

キャッシュ動作とキャッシュプリセット

キャッシュプリセットは、オリジンでホストするコンテンツの種類に応じて、ディストリビューションの設定を自動的に設定します。例えば、静的コンテンツに最適を選択すると、プリセットは、静的ウェブサイトで最適に動作する設定にディストリビューションを自動的に設定します。ウェブサイトが WordPress インスタンスでホストされている場合は、WordPress に最適プリセットを選択すると、WordPress ウェブサイトで動作するようにディストリビューションが自動的に設定されます。

注意

Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択すると、キャッシュプリセットのオプションは利用できません。バケットに保存されている静的コンテンツに最適なディストリビューション設定が自動的に適用されます。

ディストリビューション用に、以下のいずれかのキャッシュプリセットを選択できます。

  • 静的コンテンツに最適 - このプリセットは、ディストリビューションをすべてをキャッシュするように設定されます。このプリセットは、オリジンで静的コンテンツ (静的 HTML ページなど) をホストする場合や、ウェブサイトにアクセスするユーザーごとに変更されないコンテンツをホストする場合に最適です。このプリセットを選択すると、ディストリビューション上のすべてのコンテンツがキャッシュされます。

  • 動的コンテンツに最適 - このプリセットは、ディストリビューションをディストリビューションを作成するページのセクションにあるディレクトリとファイルの上書きキャッシュで指定されていないもの以外をキャッシュしないように設定されます。詳細については、ディレクトリとファイルの上書きを後ほど参照してください。このプリセットは、オリジンで動的なコンテンツや、ウェブサイトやウェブアプリケーションにアクセスするユーザーごとに変化するコンテンツをホストする場合に最適です。

  • WordPress に最適 - このプリセットは、ディストリビューションをwp-includes/wp-content/ WordPress インスタンスのディレクトリーにあるファイル以外をキャッシュしないように設定されます。このプリセットは、オリジンのインスタンスが WordPress Certified by Bitnami and Automatic ブループリントの場合に最適です(マルチサイトブループリントを除く)。このプリセットの詳細については、 WordPress の最適キャッシュプリセット

    注意

    カスタム設定プリセットは選択できません。プリセットはプリセットを選択後、自動で選択されますが、ディストリビューションの設定を手動で変更します。

Lightsail コンソールのみでキャッシュのプリセットを指定できます。これは、 Lightsail API、AWS CLI、および SDK を使用して指定することはできません。

WordPress の最適キャッシュプリセット

選択したインスタンスが、 WordPress Certified by Bitnami and Automattic 設計図をディストリビューションのオリジンとして使用している場合、Lightsail はディストリビューションのキャッシュプリセットに [WordPress に最適] を適用するかを確認するプロンプトが表示されます。プリセットを適用すると、ディストリビューションは WordPress のウェブサイトに最適した動作に自動的に設定されます。他に適用しなければいけないディストリビューション設定はありません。WordPress に最適は、wp-includes/内のファイルおよびwp-content/ WordPress ウェブサイトのディレクトリ以外をキャッシュしないようにプリセットされます。また、毎日キャッシュをクリアするようにディストリビューションを設定し(キャッシュ寿命は 1 日)、すべての HTTP メソッドを許可し、Host ヘッダーのみを転送し、Cookieを転送せず、すべてのクエリ文字列を転送します。

重要

WordPress ウェブサイトをディストリビューションで使用できるようにするには、インスタンスの WordPress 設定ファイルを編集する必要があります。詳細については、Amazon Lightsail ディストリビューションが WordPress インスタンスと動作するように設定するを参照してください。

デフォルトの動作

デフォルトの動作は、ディストリビューションがコンテンツキャッシュをどのように処理するかを指定します。ディストリビューションのデフォルトの動作は、選択したキャッシュプリセットによって自動的に決定されます。別のデフォルト動作を選択した場合、キャッシュプリセットは自動的にカスタム設定に変更されます。

注意

Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択した場合、デフォルトの動作オプションは使用できません。バケットに保存されている静的コンテンツに最適ディストリビューション設定が自動的に適用されます。

ディストリビューションでは、以下のいずれかのデフォルト動作を選択できます。

  • すべてをキャッシュする - この動作は、ウェブサイト全てを静的コンテンツとしてキャッシュ、対応するようにディストリビューションを設定します。このオプションは、閲覧者によって変更されないコンテンツをオリジンがホストしている場合、または ウェブサイトが cookie、ヘッダー、またはクエリ文字列を使用してコンテンツをパーソナライズしない場合に最適です。

  • 何もキャッシュしない - この動作は、指定したオリジンファイルとフォルダーパスのみをキャッシュするようにディストリビューションを設定します。このオプションは、ウェブサイトやウェブアプリケーションが cookie、ヘッダー、クエリ文字列を使用して、個々のユーザー向けにコンテンツをパーソナライズする場合に最適です。このオプションを選択すると、キャッシュするには、ディレクトリとファイルパスの上書きを指定する必要があります。

ディレクトリとファイルの上書き

ディレクトリとファイルの上書きを使用して、選択したデフォルトの動作を上書きしたり、例外を追加することが可能です。例えば、すべてをキャッシュするを選択した場合、上書きを使用して、ディストリビューションがキャッシュしないディレクトリ、ファイル、またはファイルの種類を指定します。代わりに、何もキャッシュしないを選択した場合、上書きを使用して、ディストリビューションがキャッシュするディレクトリ、ファイル、またはファイルの種類を指定します。

ディレクトリとファイルの上書きセクションで、キャッシュするディレクトリまたはファイルへのパスを指定するか、キャッシュしないかを指定できます。アスタリスク記号を使用して、ワイルドカードディレクトリ (path/to/assets/*)、ファイルタイプ (*.html,*jpg,*js)を指定する。ディレクトリとファイルパスでは、大文字と小文字が区別されます。

注意

Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとしてを選択すると、ディレクトリとファイルの上書きオプションは利用できません。選択したバケットに保存されているものすべてがキャッシュされます。

以下は、ディレクトリとファイルの上書きを指定する方法の例です。

  • 以下を指定することによって、Lightsail インスタンスで実行されている Apache ウェブサーバーのドキュメントルートのすべてのファイルをキャッシュします。

    var/www/html/
  • Apache ウェブサーバーのドキュメントルートのインデックスページのみをキャッシュするには、次のファイルを指定します。

    var/www/html/index.html
  • Apache ウェブサーバーのドキュメントルートの .html ファイルのみをキャッシュするには、次のように指定します。

    var/www/html/*.html
  • 以下を指定して、 Apache ウェブサーバーのドキュメントルートにある images サブディレクトリの .jpg、.png、および.gif ファイルのみをキャッシュします。

    var/www/html/images/*.jpg
    var/www/html/images/*.png
    var/www/html/images/*.gif

    以下を指定して、 Apache ウェブサーバーのドキュメントルートにある images サブディレクトリのすべてのファイルをキャッシュするします。

    var/www/html/images/

キャッシュの詳細設定

詳細設定を使用して、ディストリビューション上のコンテンツのキャッシュのライフスパン、許可されている HTTP メソッド、 HTTP ヘッダー転送、 cookie 転送、およびクエリ文字列転送を指定できます。指定したアドバンスト設定は、ディストリビューションがキャッシュするディレクトリとファイルにのみ適用されます。これには、キャッシュとして指定したディレクトリとファイルの上書きも含まれます。

注意

Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択すると、「ディストリビューション作成」のページでキャッシュのアドバンスト設定を利用することはできません。バケットに保存される静的コンテンツに最適なディストリビューション設定が自動的に適用されます。ただし、ディストリビューションの作成後に、ディストリビューション管理ページでアドバンストキャッシュ設定を変更できます。

次のアドバンスト設定を編集できます。

‬キャッシュ寿命 (TTL)

コンテンツが更新されたかどうかを確認するためにディストリビューションからオリジンに別のリクエストを送るまで、コンテンツをディストリビューションのキャッシュに保持する期間を制御します。デフォルト値は 1 日です。この期間を短くすると、動的なコンテンツを供給できます。この期間を長くすると、ユーザー側のパフォーマンスは向上します。ファイルがエッジロケーションから直接返される可能性が高くなるためです。期間を長くすると、ディストリビューションがコンテンツを引き出す頻度が低くなるため、オリジンの負荷も軽減されます。

注意

指定するキャッシュのライフスパン値は、オリジンが Cache-Control max-ageCache-Control s-maxageExpires などの HTTP ヘッダーをコンテンツに追加しないときにのみ適用されます。

許可される HTTP メソッド

ディストリビューションが処理してオリジンに転送する HTTP メソッドをコントロールします。HTTP メソッドは、オリジンで実行されるべきパフォーマンスを示します。例えば、GET メソッドはオリジンからデータを取得し、PUT メソッドは、囲まれたエンティティをオリジンに保存することを要求します。

以下のディストリビューションの HTTP メソッドのオプションのいずれかを選択できます。

  • 許可された GET、 HEAD、 OPTIONS、 PUT,、PATCH、 POST と DELETE メソッド

  • GET、HEAD、OPTIONS メソッドを許可する

  • GET と HEAD メソッドを許可する

ディストリビューションは、常に GET および HEAD の応答をキャッシュします。OPTIONS リクエストを許可するように選択した場合、ディストリビューションは OPTIONS の応答もキャッシュします。ディストリビューションは他の HTTP メソッドへのレスポンスをキャッシュしません。詳細については、「HTTP メソッド」を参照してください。

重要

サポートされているすべての HTTP メソッドを許可するようにディストリビューションを構成する場合、オリジンインスタンスにすべてのメソッドを処理させるように設定する必要があります。例えば POST を使用したいので、上記のメソッドを受け入れて転送するようにディストリビューションを構成する場合は、削除すべきでないリソースをビューワーが削除できないようにするために、DELETE リクエストを適切に処理するようオリジンサーバーを構成する必要があります。詳細については、ウェブサイトまたはウェブアプリケーションのドキュメントを検索してください。

HTTP ヘッダーの転送

ディストリビューションが、指定されたヘッダーの値に基づいてコンテンツをキャッシュするか否か、そしてどのヘッダーに基づくのかをコントロールします。HTTP ヘッダーは、クライアントブラウザ、要求されたページ、オリジンなどの情報を保持します。たとえば、Accept-Languageヘッダーはクライアントの言語を送信します(例えば、英語ならen-US)。これにより、オリジンはクライアントの言語でコンテンツに対応できます(利用可能な場合)。

ディストリビューションでは、次の HTTP ヘッダーのオプションのいずれかを選択できます。

  • ヘッダーを転送しない

  • 指定するヘッダーのみを転送する

ヘッダーを転送しないを選択すると、ディストリビューションはヘッダー値に基づいたコンテンツのキャッシュを行いません。選択したオプションにかかわらず、ディストリビューションは特定のヘッダーをオリジンに転送し、転送したヘッダーに基づいて特定のアクションを実行します。ディストリビューションがヘッダーの転送を処理する方法の詳細については、「HTTP リクエストヘッダーとディストリビューション動作」を参照してください。

Cookie の転送

ディストリビューションがオリジンに Cookie を転送するかどうか、および転送する場合はどれを転送するかをコントロールします。Cookieには、オリジンの ウェブページでの訪問者の行動に関する情報や、訪問者が提供した名前や関心事などの情報など、オリジンに送信される小さなデータが含まれます。

ディストリビューションでは、以下の Cookie 転送オプションのいずれかを選択できます。

  • cookie を転送しない

  • すべての Cookie を転送する

  • 指定した Cookie を転送する

すべての cookie を転送するを選択した場合、ディストリビューションは、アプリケーションで使用されている Cookie の数に関係なく、すべての Cookie を転送します。指定した Cookie を転送するを選択した場合、ディストリビューションに転送して欲しい cookies 名を表示されるテキストボックスに入力します。以下のワイルドカード文字を使用して Cookie 名を指定することができます。

  • * は、Cookie 名に含まれる 0 個以上の文字と一致します。

  • ? は、Cookie 名に含まれる 1 文字と一致します。

例えば、オブジェクトに対するビューワーリクエストに userid_member-numberCookie 名が含まれているとします。各ユーザーに割り当てられた一意の値 member-number (userid_123,userid_124,userid_125 など)。ディストリビューションが、各メンバーについて個別バージョンのコンテンツでキャッシュするものとします。これは Cookie をオリジンに転送することで実行できますが、ビューワーのリクエストには、 ディストリビューションにキャッシュして欲しくない cookies が含まれます。これに代わる方法として、Cookie 名に以下の値を指定できます。その場合、ディストリビューションは userid_ から始まるすべての Cookie をオリジン userid_* ‬に転送します。

クエリ文字列の転送

ディストリビューションがオリジンにクエリ文字列を転送するかどうか、および転送する場合にどれを転送するかをコントロールします。クエリ文字列は、指定されたパラメータに値を割り当てる URL の一部です。例えば、https://example.com/over/there?name=ferret URL は name=ferret クエリ文字列を含みます。サーバーは、そのようなページのリクエストを受信すると、プログラムを実行し、name=ferret クエリ文字列を変更せずにプログラムに渡します。疑問符はセパレータとして使用され、クエリ文字列の一部ではありません。

ディストリビューションがクエリ文字列を転送しないようにするか、指定したクエリ文字列のみを転送するかを選択できます。オリジンがクエリ文字列パラメータの値に関係なくコンテンツの同じバージョンを返す場合、クエリ文字列を転送しないように選択します。これにより、 ディストリビューションがキャッシュからリクエストを処理できる可能性が高くなり、パフォーマンスが向上し、オリジンの負荷が軽減されます。オリジンサーバーが 1 つ以上のクエリ文字列パラメータに基づいてコンテンツの異なるバージョンを返す場合、選択したクエリ文字列のみを転送します。

ディストリビューションプラン

ディストリビューションプランは、毎月のデータ転送クォータとディストリビューションのコストを指定します。プランの月次データ転送クォータよりも多くのデータが配信される場合、超過分が課金されます。詳細については、「Lightsail 料金表ページ」を参照してください。

超過料金が発生しないようにするには、クォータを超える前に、現在のディストリビューションのプランを毎月のデータ転送量が多い別のプランに変更します。ディストリビューションのプランは、各 AWS 請求サイクルで 1 回だけ変更できます。作成後にディストリビューションプランを変更する方法の詳細については、「Amazon Lightsail でのディストリビューションのプランの変更」を参照してください。

ディストリビューションを作成する

ディストリビューションを作成する手順は以下のとおりです。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで、[ネットワーキング] タブを選択します。

  3. [ディストリビューションの作成] を選択します。

  4. ページの [オリジンの選択] セクションで、オリジンリソースが作成された AWS リージョンを選択します。

    ディストリビューションはグローバなリソースです。どの AWS リージョンでもオリジンをリファレンスでき、グローバルにそのコンテンツを配信することができます。

  5. オリジンの選択。オリジンは、Lightsail インスタンス、コンテナサービス、バケット、またはロードバランサー (1 つまたは複数のインスタンスがアタッチされている) のいずれかである可能性があります。詳細については、オリジンリソースを参照してください。

    重要

    ディストリビューションのオリジンとして Lightsail コンテナサービスを選択すると、Lightsail はディストリビューションのデフォルトドメイン名をカスタムドメインとしてコンテナサービスに自動的に追加します。これにより、ディストリビューションとコンテナサービスの間でトラフィックをルーティングできます。ただし、場合によっては、ディストリビューションのデフォルトドメイン名をコンテナサービスに手動で追加する必要があります。詳細については、「Add the default domain of an Amazon Lightsail distribution to Lightsail container service」を参照してください。

  6. (オプション)オリジンプロトコルポリシーを変更するには、ディストリビューションが使用する現在のオリジンプロトコルポリシーの横に表示される鉛筆アイコンを選択します。詳細については、オリジンプロトコルポリシーを参照してください。

    このオプションは、オリジンの選択セクションにあり、選択したディストリビューションのオリジンリソース下にあります。

    注意

    Lightsailバケットをディストリビューションのオリジンとして選択すると、オリジンプロトコルポリシー HTTPS Only にデフォルトされます。バケットがディストリビューションのオリジンである場合、オリジンプロトコルポリシーを変更することはできません。

    オリジンプロトコルポリシー
  7. ディストリビューションのキャッシュ動作 (キャッシングプリセットとも呼ばれます) を選択します。詳細については、「キャッシュ動作とキャッシングプリセット」を参照してください。

    注意

    Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択した場合、キャッシングプリセットオプションは利用できません。バケットに保存される静的コンテンツに最適なディストリビューション設定が自動的に適用されます。

  8. (オプション) [すべての設定を表示] を選択して、ディストリビューションの追加のキャッシュ動作設定を表示させます。

    注意

    Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択すると、キャッシュ動作の設定は利用できません。バケットに保存される静的コンテンツに最適なディストリビューション設定が自動的に適用されます。

  9. (オプション)ディストリビューションのデフォルトの動作を選択します。詳細については、デフォルト動作を参照してください。

    注意

    Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択した場合、デフォルトの動作オプションは利用できません。バケットに保存される静的コンテンツに最適なディストリビューション設定が自動的に適用されます。

  10. (オプション) [パスの追加] を選択して、ディストリビューションのキャッシュ動作を上書きするディレクトリとファイルを追加します。詳細については、「ディレクトリとファイルの上書き」を参照してください。

    注意

    Lightsail バケットをディストリビューションのオリジンとして選択すると、 ディレクトリとファイルの上書きオプションは利用できません バケットに保存される静的コンテンツに最適なディストリビューション設定が自動的に適用されます。

  11. (オプション)編集するディストリビューションの横に表示されるアドバンスト設定用の鉛筆アイコンを選択します。詳細については、「アドバンストキャッシュ動作設定」を参照してください。

    注意

    Lightsail バケットをディストリビューションをオリジンとして選択すると、キャッシュのアドバンスト設定は、「ディストリビューションを作成する」ページで利用できません。バケットに保存される静的コンテンツに最適なディストリビューション設定が自動的に適用されます。ただし、ディストリビューションの作成後に、ディストリビューション管理ページでアドバンストキャッシュ設定を変更できます。

  12. ディストリビューションプランを選択します。詳細については、「ディストリビューションプラン」を参照してください。

  13. ディストリビューションの名前を入力します。

    リソース名:

    • Lightsail アカウントの各 AWS リージョンで一意であることが必要です。

    • 2〜255 文字を使用する必要があります。

    • 先頭と末尾は英数字または数字を使用する必要があります。

    • 英数字、数字、ピリオド、ダッシュ、アンダースコアを使用することができます。

  14. ディストリビューションのコストを確認します。

  15. [ディストリビューションの作成] を選択します。

    しばらくすると、ディストリビューションが作成されます。

次のステップ

ディストリビューションを起動して実行したら、次の手順を実行することをお勧めします。

  1. ディストリビューションのオリジンが WordPress インスタンスである場合は、インスタンスの WordPress 設定ファイルを編集して、WordPress ウェブサイトをディストリビューションと連携させる必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail ディストリビューションと動作するように WordPress インスタンスを設定する」を参照してください。

  2. (オプション) Lightsail コンソールでドメインの DNS を管理するためにLightsail DNS ゾーンを作成します。これにより、Lightsail リソースにドメインを簡単にマッピングすることができます。詳細については、「Amazon Lightsail で DNS ゾーンを作成し、ドメインの DNS レコードを管理する」を参照してください。または、現在ホストされているドメインの DNS をホストし続けることもできます。

  3. ディストリビューションで使用するドメインの Lightsail SSL/TLS 証明書を作成します。Lightsail ディストリビューションには HTTPS が必要なため、ディストリビューションで使用する前に、ドメインの SSL/TLS 証明書を要求する必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail でディストリビューション用の SSL/TLS 証明書を作成する」を参照してください。

  4. ディストリビューションでカスタムドメインを有効にして、ディストリビューションでドメインを使用できるようにします。カスタムドメインを有効にするには、ドメイン用に作成した Lightsail SSL/TLS 証明書を指定することが必要です。これにより、ドメインがディストリビューションに追加され、HTTPS が有効になります。詳細については、「Amazon Lightsail ディストリビューションを有効にする」を参照してください。

  5. ドメインの DNS にエイリアスレコードを追加して、ドメインのトラフィックをディストリビューションにルーティングします。エイリアスレコードを追加したら、ドメインにアクセスしたユーザーはディストリビューションを通じてルーティングされます。詳細については、「ドメインを Amazon Lightsail ディストリビューションドメインに向ける」を参照してください。

  6. ディストリビューションがコンテンツをキャッシュしていることをテストします。詳細については、「Amazon Lightsail ディストリビューションをテストする」を参照してください。

追加情報

ここでは、Lightsail でディストリビューション管理するのに役立つ記事をいくつか紹介します。