‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail のバケットのオブジェクトの削除

最終更新日: 2021 年 7 月 14 日

Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービス内のバケットからオブジェクトを削除することができます。ストレージ領域を解放するには、不要になったオブジェクトを削除します。たとえば、ログファイルを収集している場合は、不要になったファイルを削除することをお勧めします。

バケットについての詳細は、「Amazon Lightsail のオブジェクトストレージ」を参照してください。

目次

バージョニングが有効なバケットからのオブジェクトの削除

バージョニングがバケットで有効化されている場合、複数のバージョンのオブジェクトがバケット内に存在する可能性があります。Lightsail コンソール、AWS CLI、AWS API、または AWS SDKS を使用してオブジェクトのどのバージョンも削除することができます。ただし、次のオプションを検討する必要があります。

Lightsail コンソールでのオブジェクトおよびオブジェクトバージョンの削除

Lightsail コンソールの [オブジェクト] タブのオブジェクトブラウザペインでオブジェクトの最新バージョンを削除すると、以前のバージョンのオブジェクトもすべて削除されます。オブジェクトの特定のバージョンを削除するには、バージョンの管理ペインから実行してください。バージョン管理ペインを使用してオブジェクトの現在のバージョンを削除すると、以前の最新のバージョンが現在のバージョンとして復元されます。詳細については、このガイドで後述する「Lightsail コンソールを使用してオブジェクトバージョンを削除する」を参照してください。

Lightsail API、AWS CLI、または AWS SDK を使用したオブジェクトおよびオブジェクトバージョンの削除

単一のオブジェクトとその保存されているすべてのバージョンを削除するには、削除リクエストでオブジェクトのキーのみを指定します。オブジェクトの特定のバージョンを削除するためには、オブジェクトのキー名とバージョン ID の両方を指定します。詳細については、このガイドで後述する「AWS CLI で単一のオブジェクトまたはオブジェクトバージョンを削除するには」を参照してください。

Lightsail コンソールを使用してオブジェクトを削除します。

Lightsail コンソールを使い、保存された以前のバージョンを含めオブジェクトを削除するには、次の手順に従います。Lightsail コンソールでは、一度に 1 つずつしかオブジェクトを削除できません。複数オブジェクトの一括削除には、AWS CLI を使用してください。詳細については、このガイドで後述する「AWS CLI を使用して複数のオブジェクトまたはオブジェクトバージョンを削除する」を参照してください。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで [ストレージ] タブを選択します。

  3. オブジェクトを削除するバケットの名前を選択します。

  4. [オブジェクト] タブのオブジェクトブラウザペインを使用して、削除するオブジェクトの場所を参照します。

  5. 削除するオブジェクトの横にあるチェックマークを追加します。

  6. オブジェクト情報ペインで、アクション (⋮) メニューを選択し、[削除] を選択します。

  7. 表示される確認ペインで「はい、削除します」を選択し、オブジェクトを完全に削除することを確認します。

    フォルダ内の唯一のオブジェクトを削除すると、そのフォルダも削除されます。これは、フォルダがオブジェクトキー名の一部であり、バケット内の他のオブジェクトが同じオブジェクトプレフィックスを共有していない場合、オブジェクトを削除すると、先行するフォルダも削除されるために発生します。詳細については、「Amazon Lightsail でのオブジェクトキー名を理解する」を参照してください。

Lightsail コンソールを使用してオブジェクトバージョンを削除する。

オブジェクトの保存されたバージョンを削除するには、次の手順を実行します。これは、バージョニングが有効なバケットでのみ可能です。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで [ストレージ] タブを選択します。

  3. オブジェクトを削除するバケットの名前を選択します。

  4. オブジェクトブラウザペインを使用して、削除するオブジェクトの場所を参照します。

  5. 削除するオブジェクトの保存された旧バージョンの横にチェックマークを追加します。

  6. オブジェクト情報ペインのバージョンのセクションで[Manage] (管理) を選択します。

  7. 保存されたオブジェクトのバージョンを管理するペインで、削除するオブジェクトのバージョンの横にチェックマークを追加します。

    オブジェクトの現在のバージョンを削除するように選択することもできます。

  8. [選択済みを削除] をクリックして、選択したバージョンを削除します。

    削除した場合:

    • オブジェクトの現在のバージョン-オブジェクトの以前の最新のバージョンが現在のバージョンとして復元されます。

    • オブジェクトの唯一のバージョン-オブジェクトがバケットから削除されます。削除したバージョンが現在のフォルダ内の唯一のオブジェクトである場合、フォルダも削除されます。これは、フォルダがオブジェクトキー名の一部であり、バケット内の他のオブジェクトが同じオブジェクトキープレフィックス共有していない場合、オブジェクトを削除すると、先行するフォルダも削除されるため発生します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

AWS CLI を使用し単一のオブジェクトまたはオブジェクトバージョンを削除する

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して、バケット内の 1 つのオブジェクトまたはオブジェクトバージョンを削除するには、以下の手順を実行します。これを行うには、delete-object コマンドを使用します。詳細については、「AWS CLI コマンドリファレンス」「delete-tags」を参照してください。

注意

この手順を続行する前に AWS CLI をインストールし、Lightsail および Amazon S3 に設定する必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail と使用するための AWS コマンドラインインターフェイスの設定」を参照してください。

  1. ターミナルまたはコマンドプロントウィンドウを開きます。

  2. バケット内のオブジェクトまたはオブジェクトバージョンを削除するには、次のコマンドを入力します。

    オブジェクトを削除するには:

    aws s3api delete-object --bucket BucketName --key ObjectKey

    オブジェクトバージョンを削除するには

    注意

    オブジェクトバージョンの削除は、バージョニングが有効なバケットでのみ可能です。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

    aws s3api delete-object --bucket BucketName --key ObjectKey --version-id VersionID

    コマンドで、次のサンプルテキストを独自のテキストに置き換えます。

    • BucketName - リストで、オブジェクトを削除するバケットの名前を選択します。

    • ObjectKey - 削除するオブジェクトの完全なオブジェクトキー。

    • VersionId - 削除するオブジェクトバージョンの ID。

    例:

    オブジェクトの削除:

    aws s3api delete-object --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET --key images/sailbot.jpg

    オブジェクトバージョンの削除:

    aws s3api delete-object --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET --key images/sailbot.jpg --version-id YF0YMBlUvexampleO07l2vJi9hRz4ujX

    次の例に示すような結果が表示されます。

    AWS CLI delete-object (オブジェクトの削除) コマンドの結果

AWS CLI を使用して複数のオブジェクトまたはオブジェクトバージョンを削除する

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してバケット内の複数のオブジェクトを削除するには、以下の手順を実行します。これを行うには、delete-objects コマンドを使用します。詳細については、「AWS CLI コマンドリファレンス」の「delete-objects」を参照してください。

注意

この手順を続行する前に、AWS CLI をインストールし、Lightsail および Amazon S3 に設定する必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail と使用する AWS コマンドラインインターフェイス の設定」を参照してください。

  1. ターミナルまたはコマンドプロントウィンドウを開きます。

  2. バケット内の複数のオブジェクトまたは複数のオブジェクトバージョンを削除するには、次のコマンドを入力します。

    aws s3api delete-objects --bucket BucketName --delete file://LocalDirectory

    以下のコマンド例を使用するには、以下のテキストを独自のものに置き換えてください。

    • BucketName - 複数のオブジェクトまたは複数のオブジェクトバージョンを削除するバケットの名前。

    • LocalDirectory - 削除するオブジェクトまたはバージョンを指定する .json ドキュメントのコンピュータ上のディレクトリパス。.json ドキュメントは以下のようにフォーマットできます。

      オブジェクトを削除するには、.json ファイルに次のテキストを入力し、ObjectKey を削除するオブジェクトのオブジェクトキーに置き換えます。

      {
       "Objects": [
       {
       "Key": "ObjectKey1"
       },
       {
       "Key": "ObjectKey2"
       }
       ],
       "Quiet": false
      }

      オブジェクトのバージョンを削除するには、.json ファイルに次のテキストを入力します。ObjectKey および VersionID を削除するオブジェクトバージョンのオブジェクトキーとオブジェクト ID に置き換えます。

      注意

      オブジェクトバージョンの削除は、バージョンが有効なバケットでのみ可能です。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

      {
       "Objects": [
       {
       "Key": "ObjectKey1",
       "VersionId": "VersionID1"
       },
       {
       "Key": "ObjectKey2",
       "VersionId": "VersionID2"
       }
       ],
       "Quiet": false
      }

    例:

    • Linux または Unix コンピュータの場合は、次の操作を行います。

      aws s3api delete-objects --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET --delete file://home/user/Documents/delete-objects.json
    • Windows コンピュータの場合:

      aws s3api delete-objects --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET --delete file://C:\Users\user\Documents\delete-objects.json

    次の例に示すような結果が表示されます。

    AWS CLI delete-object コマンドの結果

Lightsail でのバケットとオブジェクトの管理

Lightsail オブジェクトストレージバケットを管理するための一般的なステップは次のとおりです。

  1. Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービスのオブジェクトとバケットについて説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトストレージ」を参照してください。

  2. Amazon Lightsail でバケットに付けることができる名前について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの命名規則」を参照してください。

  3. バケットを作成することにより、Lightsail オブジェクトストレージサービスの使用を開始します。詳細については、「Amazon Lightsail でのバケットの作成」を参照してください。

  4. バケットのセキュリティに関するベストプラクティスと、バケットに対して設定できるアクセス許可について説明します。バケットのすべてのオブジェクトをパブリックまたはプライベートにすることも、個別のオブジェクトをパブリックにすることもできます。また、アクセスキーを作成し、バケットにインスタンスをアタッチし、他の AWS アカウントへのアクセスを許可して、バケットへのアクセスを許可することもできます。詳細については、「Amazon Lightsail オブジェクトストレージのセキュリティのベストプラクティス」と「Amazon Lightsail のバケットアクセス許可について」を参照してください。

    バケットのアクセス許可について学習したら、次のガイドを参照してバケットへのアクセスを許可します。

  5. バケットのアクセスログ記録を有効にする方法と、アクセスログを使用してバケットのセキュリティを監査する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  6. Lightsail のバケットの管理をユーザーに許可する IAM ポリシーを作成します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットを管理する IAM ポリシー」を参照してください。

  7. バケットのオブジェクトのラベル付けと識別方法について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトのキー名について」を参照してください。

  8. バケットでファイルをアップロードする方法と、オブジェクトを管理する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  9. オブジェクトのバージョニングを有効にして、バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのあらゆるバージョンを保存、取得、復元することができます。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

  10. オブジェクトのバージョニングを有効にすると、バケットのオブジェクトの以前のバージョンを復元できるようになります。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのオブジェクトの以前のバージョンの復元」を参照してください。

  11. バケットの使用率をモニタリングします。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのメトリクスの表示」を参照してください。

  12. バケットの使用率がしきい値を超えたときにバケットメトリクスが通知されるようにアラームを設定します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットメトリクスアラームの作成」を参照してください。

  13. ストレージおよびネットワーク転送で不足している場合は、バケットのストレージプランを変更します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのプランを変更する」を参照してください。

  14. バケットを他のリソースに接続する方法について説明します。詳細については、以下のチュートリアルを参照してください。

  15. バケットを使用しなくなった場合は、バケットを削除します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの削除」を参照してください。