‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail ディストリビューションのカスタムドメインを無効にする

最終更新日: 2022 年 11 月 1 日

Amazon Lightsail ディストリビューションのカスタムドメインを無効にし、登録済みドメイン名のディストリビューションとの使用を停止します。カスタムドメインを無効にすると、ディストリビューションは、最初に作成したときにディストリビューションに関連付けられたデフォルトドメイン (例:123456abcdef.cloudfront.net) のみを受け入れます。以前に関連付けられたカスタムドメインのトラフィックには 403 エラーが表示されます。

ディストリビューションの詳細については、「Amazon Lightsail の コンテンツ配信ネットワークディストリビューション」を参照してください。

ディストリビューションのカスタムドメインを無効にする

ディストリビューションのカスタムドメインを無効にするには、以下の手順を行います。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで、[ネットワーキング] タブを選択します。

  3. カスタムドメインを無効にするディストリビューションの名前を選択します。

  4. ディストリビューションの管理ページのカスタムドメインタブを選択します。

    [Custom domains] (カスタムドメイン) ページには、ディストリビューションに現在アタッチされている SSL/TLS 証明書があれば表示されます。

  5. 以下のオプションのいずれかを選択します。

    1. [Configure distribution domains] (ディストリビューションドメインを設定する) を選択して、以前に選択したドメインの選択を解除するか、ディストリビューションに関連付けられているドメインをさらに選択します。

    2. [Detach] (デタッチ) を選択してディストリビューションから証明書をデタッチし、関連付けられているすべてのドメインを削除します。

  6. カスタムドメインを無効にするリクエストが送信され、ディストリビューションのステータスが [In progress] (進行中) へ変更されます。しばらくすると、ディストリビューションのステータスが[Enabled] (有効) に変更されます。

カスタムドメインを無効にすると、ディストリビューションは、最初に作成したときにディストリビューションに関連付けられたデフォルトドメイン (例:123456abcdef.cloudfront.net) のみを受け入れます。以前に関連付けられたカスタムドメインのトラフィックには 403 エラーが表示されます。ドメインの DNS レコードを更新して、それらのドメインのトラフィックが別のリソースに送信されるようにする必要があります。

追加情報

ここでは、Lightsail でディストリビューション管理するのに役立つ記事をいくつか紹介します。