‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail ディストリビューションのカスタムドメインを有効にする

最終更新日: 2020 年 7 月 23 日

登録済みドメイン名をディストリビューションで使用するために、カスタムドメインを Amazon Lightsail ディストリビューションと動作するように設定します。カスタムドメインを有効にする前は、ディストリビューションを最初に作成したときに関連付けられたデフォルトドメイン(例: 123456abcdef.cloudfront.net)に対してのみ、ディストリビューションはトラフィックを受け入れます。カスタムドメインを有効にする際、ディストリビューションと動作するように作成したドメインの Lightsail SSL/TLS 証明書を選択する必要があります。カスタムドメインを有効にすると、選択した証明書に関連付けられているすべてのドメインのトラフィックがディストリビューションで受け入れられます。

重要

SSL/TLS 証明書に関連付けられたドメイン名は、Amazon CloudFront サービスのディストリビューションを含む、すべての Amazon ウェブサービス (AWS) アカウントのディストリビューションで使用することはできません。ドメインの証明書を作成することはできますが、ディストリビューションと使用することはできません。

ディストリビューションの詳細については、「Amazon Lightsail の コンテンツ配信ネットワークディストリビューション」を参照してください。

前提条件

開始する前に、Lightsail ディストリビューションを作成する必要があります。ディストリビューションの作成については、「Amazon Lightsail ディストリディストリビューションの作成」を参照してください。

ディストリビューション用の SSL/TLS 証明書の作成と検証が必要です。詳細については、「Amazon Lightsail ディストリビューションの SSL/TLS 証明書の作成」および「Amazon Lightsail ディストリビューションの SSL/TLS 証明書の検証」を参照してください。

ディストリビューションのカスタムドメインを有効にする

ディストリビューションのカスタムドメインを有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで、[ネットワーキング] タブを選択します。

  3. カスタムドメインを有効にするディストリビューションの名前を選択します。

  4. ディストリビューション管理ページで [カスタムドメイン] タブを選択します。

  5. ページの [HTTPS でカスタムドメインを使用する] セクションで、トグルを使用してディストリビューションのカスタムドメインを [HTTPS] で有効にします。

  6. カスタムドメインを有効にするには、ディストリビューションと使用する SSL/TLS 証明書を選択します。

    証明書で指定されているドメイン名は、ディストリビューションに追加されるドメイン名です。

  7. [Save] を選択します。

    カスタムドメインを有効にするリクエストが送信され、ディストリビューションのステータスが [In progress] (進行中) へ変更されます。しばらくすると、ディストリビューションのステータスが [Enabled] (有効) に更新されます。

ディストリビューションのカスタムドメインを有効にしたら、ドメインの DNS レコードを更新して、それらのドメインのトラフィックがディストリビューションに送られるようにします。これは、ディストリビューションのデフォルトのドメイン名へ向けられたアリアスレコードを作成することで可能です (例: 123456abcdef.cloudfront.net)。詳細については、「ドメインを Amazon Lightsail ディストリビューションへ向ける」を参照してください。

追加情報

ここでは、Lightsail でディストリビューション管理するのに役立つ記事をいくつか紹介します。