‹ ハウツー に戻る

チュートリアル: Amazon Lightsail で WordPress インスタンスを起動して設定する

最終更新日: 2021 年 8 月 18 日

Amazon Lightsail は、インスタンス(仮想プライベートサーバー)だけが必要な場合に アマゾン ウェブ サービス (AWS)を始められる最も簡単な方法です。Lightsail プロジェクトを迅速に立ち上げるために必要なすべての—インスタンス、マネージド データベース、SSDベースのストレージ、バックアップ(スナップショット)、データ転送、ドメインDNS管理、静的IP、およびロードバランサー—これらを予測可能な低料金で提供します。

このチュートリアルでは、Lightsail で WordPress インスタンスを起動して設定する方法を示します。SSH 経由でのインスタンスへの接続、WordPress ウェブサイトのサインイン、静的 IP の作成とインスタンスへのアタッチ、DNS ゾーンの作成とドメインのマッピングに関するステップが含まれています。このチュートリアルを完了すると、Lightsail でインスタンスを起動して使用するための基礎固めができます。

目次

ステップ 1: AWS にサインアップ

このチュートリアルには AWS アカウントが必要です。AWS にサインアップするか、アカウントを既にお持ちの場合は AWS にサインインしてください。

ステップ 2: Lightsail で WordPress インスタンスを作成する

Lightsail で WordPress インスタンスを稼働状態にするには、以下の手順を実行します。

注意

Lightsail でインスタンスの作成の詳細については、「LightsailドキュメントのAmazon Lightsail インスタンスの作成」を参照してください。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail ホーム画面の[インスタンス]タブで、[インスタンス)の作成] を選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  3. インスタンスの AWS リージョンおよびアベイラビリティーゾーンを選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  4. インスタンスイメージを選択します。

    1. プラットフォームとして [Linux/Unix] を選択します。

    2. 設計図として [WordPress] を選択します。

      Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  5. インスタンスプランを選択します。

    プランには、低額で予測可能なコスト、マシン設定 (RAM、SSD、vCPU)、およびデータ転送枠が含まれます。3.50 USD の Lightsail プランを 1 か月間 (最大 750 時間) 無料でお試しいただけます。AWS クレジットの1 か月の無料期間分はアカウントに返金されます。

    注意

    期間限定で、Lightsail は無料利用枠を拡張し、一部のインスタンスプランで 3 か月間無料となります。この提供は、2021 年 7 月 8 日以降に Lightsail の利用を開始した新規または既存の AWS アカウントに適用されます。1 アカウントにつき 1 つのバンドルにのみ適用されます。毎月、選択したバンドルの最初の 750 時間の使用後、標準料金が適用されます。

    次のインスタンスプランは 3 か月間無料で使用できます。

    • Linux/Unix インスタンスプラン: 月額 3.50 USD、月額 5 USD、月額 10 USD

    • Windows インスタンスプラン: 月額 8 USD、月額 12 USD、月額 20 USD

  6. インスタンスの名前を入力します。

    リソース名:

    • Lightsail アカウントの各 AWS リージョンで一意であることが必要です。

    • 2〜255 文字を使用する必要があります。

    • 先頭と末尾は英数字または数字を使用する必要があります。

    • 英数字、数字、ピリオド、ダッシュ、アンダースコアを使用することができます。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  7. [インスタンスの作成] を選択します。

ステップ 3: SSH 経由でインスタンスに接続し、WordPress ウェブサイトのパスワードを取得する

WordPress ウェブサイトの管理ダッシュボードにサインインするためのデフォルトのパスワードは、インスタンスに保存されます。

Lightsail コンソールでブラウザベースの SSH クライアントを使用してインスタンスに接続し、管理ダッシュボードのパスワードを取得するには、以下の手順を実行します。

注意

詳細については、「Amazon Lightsail の "Certified by Bitnami" インスタンスのアプリケーションのユーザー名とパスワードを取得する」を参照してください。

  1. Lightsail のホーム画面の[インスタンス]タブで、WordPress インスタンスの [SSH クイック接続] アイコンを選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  2. ブラウザベースの SSH クライアントのウィンドウが表示されたら、次のコマンドを入力してデフォルトのアプリケーションのパスワードを取得します。

    cat $HOME/bitnami_application_password
  3. 画面に表示されたパスワードを書き留めておきます。後でそのパスワードを使用して、WordPress ウェブサイトの管理ダッシュボードにサインインします。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。

ステップ 4: WordPress ウェブサイトの管理ダッシュボードにサインインする

WordPress ウェブサイトの管理ダッシュボードのパスワードを取得したので、サインインできます。管理ダッシュボードでは、ユーザーパスワードの変更、プラグインのインストール、ウェブサイトのテーマの変更などを行うことができます。

WordPress ウェブサイトの管理ダッシュボードにサインインするには、以下の手順を実行します。

注意

詳細については、「Amazon Lightsail の "Certified by Bitnami" インスタンスのアプリケーションのユーザー名とパスワードを取得する」を参照してください。

  1. ブラウザウィンドウで、以下の操作を行います。

    http://PublicIpAddress/wp-login.php

    アドレスの[PublicIpAddress] を WordPress インスタンスのパブリック IP アドレスに置き換えます。以下の例に示すように、Lightsail コンソールからインスタンスのパブリック IP アドレスを取得できます。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  2. [Username or Email Address (ユーザー名または E メールアドレス)] ボックスに「 user」と入力します。

  3. [パスワード] ボックスに、このチュートリアルで前に取得したデフォルトのパスワードを入力します。

  4. [ログイン] を選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。

    WordPress ウェブサイトの管理ダッシュボードにサインインしたら、管理アクションを実行できます。WordPress ウェブサイトの管理の詳細については、WordPress のドキュメントで「WordPress Codex」を参照してください。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。

ステップ 5: Lightsail の静的 IP アドレスを作成して WordPress インスタンスにアタッチする

WordPress インスタンスのデフォルトのパブリック IP は、インスタンスを停止して開始すると変わります。インスタンスにアタッチした静的 IP アドレスは、インスタンスを停止して開始しても変わりません。

静的 IP アドレスを作成し、WordPress インスタンスにアタッチするには、以下の手順を実行します。

注意

詳細については、「静的 IP を作成して Amazon Lightsail インスタンスに添付する」を参照してください。

  1. Lightsail ホーム画面の [インスタンス] タブで、実行中の WordPress インスタンスを選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  2. [ネットワーキング] タブ、[静的 IP の作成] の順に選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  3. このチュートリアルで前に選択したインスタンスに基づいて、静的 IP の場所とアタッチ済みインスタンスが事前に選択されます。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  4. 静的 IP に名前を付け、[作成] を選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。

ステップ 6: Lightsail の DNS ゾーンを作成し、ドメインを WordPress インスタンスにマッピングする

ドメインの DNS レコードの管理を Lightsail に引き渡します。これにより、ドメインを WordPress インスタンスにマッピングしやすくなり、ウェブサイトのより多くのリソースを Lightsail コンソールで管理できます。

Lightsail DNS ゾーンを作成し、ドメインを WordPress インスタンスにマッピングするには、以下の手順を実行します。

注意

詳細については、「Amazon Lightsail で DNS ゾーンを作成し、ドメインの DNS レコードを管理する」を参照してください。

  1. Lightsail ホーム画面の、[ネットワーク] タブで、[DNS ゾーンの作成] を選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  2. ドメインを入力し、[DNS ゾーンの作成] を選択します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  3. ページに表示されたネームサーバーのアドレスを書き留めておきます。

    ドメインの DNS レコードの管理を Lightsail に引き渡すには、これらのネームサーバーのアドレスをドメイン名のレジストラに追加します。

    Lightsail で WordPress を起動して設定する。
  4. ドメインの DNS レコードの管理を Lightsail に引き渡したら、次に示すように、A レコードを追加してドメインの apex が WordPress インスタンスをポイントするように設定します。

    1. ドメインの DNS ゾーンで、[レコードの追加] を選択します。

    2. [サブドメイン] ボックスに @ 記号を入力し、ドメイン (example.com など) の apex をインスタンスにマッピングします。@ 記号は、apex レコードを追加することを明示的に示します。サブドメインとしては追加されません。

    3. [Maps to (マッピング先)] ボックスで、このチュートリアルの前のステップで WordPress インスタンスにアタッチした静的 IP を選択します。

    4. 保存アイコンを選択します。

      Lightsail で WordPress を起動して設定する。

    変更内容がインターネットの DNS を通じて伝播されるまで待ってから、ドメインから WordPress インスタンスへのトラフィックのルーティングを開始します。

ステップ 7: 次のステップを完了する

Amazon Lightsail で WordPress インスタンスを起動した後で、以下の追加のステップを実行できます。