‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail のバケットにファイルをアップロードする

最終更新 : 2022 年 1 月 10 日

Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービスのバケットにファイルをアップロードすると、そのファイルはオブジェクトとして保存されます。オブジェクトは、オブジェクトを記述するファイルデータとメタデータから構成されます。バケットには、オブジェクトをいくつでも保存できます。

どんなファイルタイプ—画像、バックアップ、データ、ムービー—でもバケットにアップロードできます。Lightsail コンソールを使用して、アップロードできるファイルの最大サイズは 2 GB です。大きなファイルをアップロードするには、Lightsail API AWS Command Line Interface (AWS CLI) または AWS SDKsを使います。

Lightsail では、アップロードするファイルのサイズに応じて以下のオプションが用意されています。

  • Lightsail コンソールを使用して最大 2 GB のサイズのオブジェクトをアップロード — Lightsail コンソールを使用すると、最大 2 GB のサイズの単一のオブジェクトをアップロードできます。詳細については、このガイドで後述する「Lightsail コンソールを使用したバケットへのファイルのアップロード」を参照してください。

  • AWS SDK、REST API または AWS CLI を使用した単一のオペレーションで最大 5 GBのサイズのオブジェクトをアップロードします。 — 単一の PUT オペレーションで、最大 5 GBのサイズの単一のオブジェクトをアップロードできます。詳細については、このガイドで後述する「AWS CLI を使用したバケットへのファイルのアップロード」を参照してください。

  • AWS SDKs、REST API または AWS CLI を使用してオブジェクトをパートにアップロードする。 — マルチパートアップロード API を使用して、サイズが 5 MB から 5 TB の単一のラージ オブジェクトをアップロードできます。マルチパートアップロード API は大容量オブジェクトのアップロードを効率よく行えるように設計されています。1 つのオブジェクトをいくつかに分けてアップロードできます。オブジェクトのパートは、単独で、任意の順序で、または並行してアップロードできます。詳細については、「Amazon Lightsail マルチパートアップロードを使用したバケットへのファイルのアップロード」を参照してください。

バケットの詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトストレージ」を参照してください。

オブジェクトキーの名前とバージョニング

Lightsail コンソールを使用してファイルをアップロードする場合、ファイル名がオブジェクトキー名として使用されます。オブジェクトキー (またはキー名) によって、バケットに保存されているオブジェクトを一意に識別します。ファイルがアップロードされたフォルダが存在する場合、キー名のプレフィックスとして使用されます。たとえば、sailbot.jpg という名前のファイルを images という名前のバケット内のフォルダーにアップロードすると、完全なオブジェクトキー名とプレフィックスは images/sailbot.jpg になります。ただし、オブジェクトはコンソールの sailbot.jpg フォルダ内で images として表示されます。オブジェクトキー名の詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトキー名の理解」を参照してください。

Lightsail コンソールを使用してディレクトリをアップロードすると、ディレクトリ内のすべてのファイルとサブフォルダがバケットにアップロードされます。Lightsail は次に、アップロードされた各ファイル名とフォルダ名を組み合わせたオブジェクトキー名を割り当てます。たたとえば、sample1.jpgsample2.jpg の2つのファイルを含む images という名前のフォルダをアップロードすると、Lightsail はファイルをアップロードしてから、対応するキー名 、images/sample1.jpgimages/sample2.jpg を割り当てます。コンソールには、オブジェクトが sample1.jpg および sample2.jpgimages フォルダーとして表示されます。

すでに存在するキー名のファイルをアップロードし、バケットのバージョニングが有効になっていない場合、新しくアップロードされたオブジェクトが前のオブジェクトに置き換えられます。ただし、バケットでバージョニングが有効になっている場合は、Lightsail 既存のオブジェクトを置き換えるのではなく、オブジェクトの新しいバージョンを作成します。詳細については、「Amazon Lightsail バケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

Lightsail コンソールを使用してバケットにファイルをアップロードするには

Lightsail コンソールを使用してファイルとディレクトリをアップロードするには、次の手順を実行します。

  1. Lightsail コンソール にサインインします。

  2. Lightsail のホームページで [Storage] (ストレージ) タブを選択します。

  3. ファイルとフォルダをアップロードするバケットの名前を選択します。

  4. [Objects] (オブジェクト) タブで、次のいずれかのアクションを実行します。

    • ファイルとフォルダを [Objects] ページにドラッグアンドドロップします。

    • [Upload] (アップロード) を選択し、[File] (ファイル) を選択して個々のファイルをアップロードするか、[Directory] (ディレクトリ) を選択して、フォルダとそのすべてのコンテンツをアップロードします。

      注意

      [Create new folder] (新しいフォルダの作成) を選択してフォルダを作成することもできます。その後、新しいフォルダを参照して、そのフォルダにファイルをアップロードできます。

    アップロードが完了すると、正常にアップロードしましたというメッセージが表示されます。

AWS CLI を使用して、バケットにファイルをアップロードするには

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してファイルやフォルダーをバケットにアップロードを完了するには、以下の手順を実行します。これは、put-object コマンドを使用して行います。詳細については、AWS CLI コマンドリファレンスの「put-object」を参照してください。

注意

この手順を続行する前に、AWS CLI をインストールし、Lightsail とAmazon S3 用にを設定する必要があります。詳細については、「AWS コマンドライン インターフェイスを をAmazon Lightsailで動作させるための設定」を参照してください。

  1. コマンドプロンプトまたはターミナルウィンドウを開きます。

  2. 以下のコマンドを入力して、ファイルをバケットにアップロードします。

    aws s3api put-object --bucket BucketName --key ObjectKey --body LocalDirectory --acl bucket-owner-full-control

    コマンドで、次のサンプルテキストを独自のテキストに置き換えます。

    • BucketName は、ファイルをアップロードするバケットの名前に置き換えます。

    • ObjectKey は、バケット内のオブジェクトの完全なオブジェクトキーに置き換えます。

    • LocalDirectoryFire は、アップロードするファイルのコンピュータ上のローカルディレクトリ フォルダパスに置き換えます。

    例:

    • Linux または Unix コンピュータの場合:

      aws s3api put-object --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET --key images/sailbot.jpg --body home/user/Pictures/sailbot.jpg --acl bucket-owner-full-control
    • Windows コンピュータの場合:

      aws s3api put-object --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET --key images/sailbot.jpg --body "C:\Users\user\Pictures\sailbot.jpg" --acl bucket-owner-full-control

    以下の例のような結果が表示されるはずです。

    AWS CLI put-object コマンドの結果

Lightsail でのバケットとオブジェクトの管理

Lightsail オブジェクトストレージバケットを管理するための一般的なステップは次のとおりです。

  1. Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービスのオブジェクトとバケットについて説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトストレージ」を参照してください。

  2. Amazon Lightsail でバケットに付けることができる名前について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの命名規則」を参照してください。

  3. バケットを作成することにより、Lightsail オブジェクトストレージサービスの使用を開始します。詳細については、「Amazon Lightsail でのバケットの作成」を参照してください。

  4. バケットのセキュリティに関するベストプラクティスと、バケットに対して設定できるアクセス許可について説明します。バケットのすべてのオブジェクトをパブリックまたはプライベートにすることも、個別のオブジェクトをパブリックにすることもできます。また、アクセスキーを作成し、バケットにインスタンスをアタッチし、他の AWS アカウントへのアクセスを許可して、バケットへのアクセスを許可することもできます。詳細については、「Amazon Lightsail オブジェクトストレージのセキュリティのベストプラクティス」と「Amazon Lightsail のバケットアクセス許可について」を参照してください。

    バケットのアクセス許可について学習したら、次のガイドを参照してバケットへのアクセスを許可します。

  5. バケットのアクセスログ記録を有効にする方法と、アクセスログを使用してバケットのセキュリティを監査する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  6. Lightsail のバケットの管理をユーザーに許可する IAM ポリシーを作成します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットを管理する IAM ポリシー」を参照してください。

  7. バケットのオブジェクトのラベル付けと識別方法について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトのキー名について」を参照してください。

  8. バケットでファイルをアップロードする方法と、オブジェクトを管理する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  9. オブジェクトのバージョニングを有効にして、バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのあらゆるバージョンを保存、取得、復元することができます。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

  10. オブジェクトのバージョニングを有効にすると、バケットのオブジェクトの以前のバージョンを復元できるようになります。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのオブジェクトの以前のバージョンの復元」を参照してください。

  11. バケットの使用率をモニタリングします。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのメトリクスの表示」を参照してください。

  12. バケットの使用率がしきい値を超えたときにバケットメトリクスが通知されるようにアラームを設定します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットメトリクスアラームの作成」を参照してください。

  13. ストレージおよびネットワーク転送で不足している場合は、バケットのストレージプランを変更します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのプランを変更する」を参照してください。

  14. バケットを他のリソースに接続する方法について説明します。詳細については、以下のチュートリアルを参照してください。

  15. バケットを使用しなくなった場合は、バケットを削除します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの削除」を参照してください。