‹ ハウツー に戻る

チュートリアル: Amazon Lightsail の LAMP インスタンスで Let's Encrypt の SSL 証明書を使用する

最終更新日: 2020 年 10 月 15日

Amazon Lightsail では、Lightsail ロードバランサーを使用すると、SSL/TLS でウェブサイトとアプリケーションのセキュリティを簡単に強化できます。ただし、Lightsail ロードバランサーの使用は一般的に最適な選択肢ではない場合があります。ロードバランサーが提供するスケーラビリティや耐障害性がサイトでは必要ない場合や、コストを最適化するためにロードバランサーを使用しない場合があります。

後者の場合は、Let's Encrypt で無料の SSL 証明書を入手できます。無料の証明書を使用することに問題はありません。これらの証明書は Lightsail インスタンスに統合できます。このチュートリアルでは、Certbot を使用して Let’s Encrypt ワイルドカード証明書をリクエストし、これを LAMP インスタンスに統合する方法を示します。

注意

Bitnami ブループリントで使用されている Linux ディストリビューションは、2020 年 7 月に Ubuntu から Debian に変更されました。この変更により、このチュートリアルのいくつかのステップは、インスタンスの Linux ディストリビューションによって異なります。変更後に作成された Bitnami ブループリントインスタンスはすべて Debian Linux ディストリビューションを使用します。変更前に作成されたインスタンスは、Ubuntu Linux ディストリビューションを引き続き使用します。インスタンスのディストリビューションをチェックするには、uname -a コマンドを実行します。応答には、インスタンスの Linux ディストリビューションとして Ubuntu または Debian のいずれかが表示されます。

目次

ステップ 1: 前提条件を満たす

以下の前提条件を満たします (まだ満たしていない場合)。

前提条件が完了したら、このチュートリアルの「次のセクション」に進みます。

ステップ 2: Lightsail インスタンスに Certbot をインストールする

Certbot は、Let's Encrypt の証明書をリクエストしてウェブサーバーにデプロイするために使用するクライアントです。Let's Encrypt は ACME プロトコルを使用して証明書を発行します。Certbot は、Let's Encrypt とやり取りする ACME 対応のクライアントです。

    Lightsail インスタンスに Certbot をインストールするには

  1. Lightsail コンソールにサイン・インします。

  2. Lightsail のホームページで、接続先のインスタンスの SSH クイック接続アイコンを選択します。

    Lightsail ホーム画面の SSH クイック接続。
  3. Lightsail のブラウザベースの SSH セッションに接続したら、次のコマンドを入力してインスタンスのパッケージを更新します。

    sudo apt-get update
    インスタンスのパッケージの更新。
  4. 次のコマンドを入力してソフトウェアプロパティパッケージをインストールします。Certbot の開発者は、Personal Package Archive (PPA) を使用して Cerbot を配信します。ソフトウェアプロパティパッケージを使用すると、PPA をより効率的に操作できます。

    sudo apt-get install software-properties-common

    注意

    sudo apt-get install コマンドを実行したときに Could not get lock エラーが発生した場合は、約 15 分待ってから再試行してください。このエラーは、自動アップグレードをインストールするために Apt パッケージ管理ツールを使用している cron ジョブが原因で発生している可能性があります。

  5. 次のコマンドを入力して Certbot をローカル apt リポジトリに追加します。

    注意

    ステップ 5 は、Ubuntu Linux ディストリビューションを使用するインスタンスにのみ適用されます。インスタンスが Debian Linux ディストリビューションを使用している場合は、このステップをスキップしてください。

    sudo apt-add-repository ppa:certbot/certbot -y
  6. 次のコマンドを入力して apt を更新し、新しいリポジトリを含めます。

    sudo apt-get update -y
  7. 次のコマンドを入力して Cerbot をインストールします。

    sudo apt-get install certbot -y

    これで Lightsail インスタンスに Cerbot がインストールされました。

  8. ブラウザベースの SSH ターミナルウィンドウは開いたままにします。このチュートリアルで後ほど戻ります。このチュートリアルの「次のセクション」に進みます。

ステップ 3: Let's Encrypt の SSL ワイルドカード証明書をリクエストする

Let's Encrypt の証明書をリクエストするプロセスを開始します。Certbot を使用してワイルドカード証明書をリクエストします。この 1 つの証明書をドメインとそのサブドメインの両方に使用できます。たとえば、1 つのワイルドカード証明書を example.com 最上位ドメイン、blog.example.com サブドメイン、および stuff.example.com サブドメインに使用できます。

    Let's Encrypt の SSL ワイルドカード証明書をリクエストするには

  1. このチュートリアルのステップ 2 で使用した同じブラウザベースの SSH ターミナルウィンドウで、以下のコマンドを入力してドメインの環境変数を設定します。より効率的にコマンドをコピーして貼り付け、証明書を取得できます。

    DOMAIN=Domain
    WILDCARD=*.$DOMAIN

    コマンドで、Domain を登録済みのドメイン名に置き換えます。

    例:

    DOMAIN=example.com
    WILDCARD=*.$DOMAIN
  2. 次のコマンドを入力し、変数が正しい値を返すことを確認します。

    echo $DOMAIN && echo $WILDCARD

    次のような結果が表示されます。

    ドメインの環境変数を確認します。
  3. 次のコマンドを入力して Certbot をインタラクティブモードで起動します。このコマンドでは、DNS チャレンジで手動認証を使用してドメインの所有権を検証することを Certbot に指示します。また、最上位ドメインとそのサブドメイン用にワイルドカード証明書をリクエストします。

    sudo certbot -d $DOMAIN -d $WILDCARD --manual --preferred-challenges dns certonly
  4. プロンプトに応じて E メールアドレスを入力します。これで更新とセキュリティに関する通知を受信します。

  5. Let's Encrypt のサービス利用規約を読みます。読み終わり、同意する場合は A キーを押します。同意しない場合は、Let's Encrypt の証明書を取得できません。

  6. E メールアドレスの共有と IP アドレスのログ記録に関するプロンプトに適宜応答します。

  7. Let's Encrypt から、指定されたドメインの所有者であることの検証を求められます。これを行うには、ドメインの DNS レコードに TXT レコードを追加します。以下の例に示すように 2 組の TXT レコード値が提供されます。

    注意

    Let's Encrypt では検証に必要な TXT レコードを 1 つまたは複数提供する場合があります。この例では、検証に使用する 2 つの TXT レコードが提供されました。

    Let's Encrypt の証明書の TXT レコード
  8. Lightsail のブラウザベースの SSH セッションは開いたままにします。このチュートリアルで後ほど戻ります。このチュートリアルの「次のセクション」に進みます。

ステップ 4: Lightsail でドメインの DNS ゾーンに TXT レコードを追加する

ドメインの DNS ゾーンに TXT レコードを追加すると、自分がドメインを所有していることが検証されます。ここでは、デモの目的で Lightsail の DNS ゾーンを使用します。ただし、ドメインレジストラがホストする他の一般的な DNS ゾーンでも手順はほぼ同じです。

注意

ドメインの Lightsail DNS ゾーンの作成方法の詳細については、「Amazon Lightsail で DNS ゾーンを作成し、ドメインの DNS レコードを管理する」を参照してください。

    Lightsail でドメインの DNS ゾーンに TXT レコードを追加するには

  1. Lightsail のホームページで、[ネットワーキング] タブを選択します。

  2. ページの [DNS ゾーン] セクションで、Certbot 証明書リクエストで指定したドメインの DNS ゾーンを選択します。

  3. DNS ゾーンエディタで [レコードの追加] を選択します。

    Lightsail コンソールの DNS ゾーンエディタ
  4. レコードタイプのドロップダウンメニューで [TXT レコード] を選択します。

  5. 次の例に示すように、Let's Encrypt の証明書リクエストで指定された値を [サブドメイン] フィールドと [Responds with (応答)] フィールドに入力します。

    Lightsail DNS ゾーンエディタの TXT レコード
  6. 保存アイコンを選択します。

  7. ステップ 3~6 を繰り返して、Let's Encrypt の証明書リクエストで指定された 2 番目の TXT レコードのセットを追加します。

  8. Lightsail コンソールのブラウザウィンドウは、このチュートリアルで後ほど戻るので開いたままにします。このチュートリアルの「次のセクション」に進みます。

ステップ 5: TXT レコードが反映されたことを確認する

MxToolbox ユーティリティを使用して TXT レコードがインターネットの DNS に反映されたことを確認します。DNS レコードの反映には、DNS ホスティングプロバイダーと DNS レコードの有効期限 (TTL) の設定によって時間がかかる場合があります。このステップを完了し、TXT レコードが反映されたことを確認した上で、Certbot 証明書のリクエストに進むことが重要です。そうしないと、証明書のリクエストは失敗します。

    TXT レコードがインターネットの DNS に反映されたことを確認するには

  1. 新しいブラウザウィンドウを開き、https://mxtoolbox.com/TXTLookup.aspx に移動します。

  2. 次の内容をテキストボックスに入力します。

    _acme-challenge.Domain

    Domain は、登録済みのドメイン名に置き換えます。

    例:

    _acme-challenge.example.com
    MXTookbox の TXT レコードのルックアップ
  3. [TXT Lookup (TXT ルックアップ)] を選択して確認を行います。

  4. 以下のいずれかのレスポンスが返されます。

    • TXT レコードがインターネットの DNS に反映された場合は、次のスクリーンショットに示すようなレスポンスが表示されます。ブラウザウィンドウを閉じて、このチュートリアルの「次のセクション」に進みます。

      TXT レコードが反映されたことの確認。
    • TXT レコードがインターネットの DNS に反映されていない場合は、[DNS Record not found (DNS レコードが見つかりません)] というレスポンスが返されます。適切な DNS レコードをドメインの DNS ゾーンに追加したことを確認してください。適切なレコードを追加した場合は、ドメインの DNS レコードが反映されるまでしばらく待ってから、TXT のルックアップを再実行します。

ステップ 6: Let's Encrypt の SSL 証明書リクエストを完了する

LAMP インスタンスの Lightsail ブラウザベースの SSH セッションに戻り、Let's Encrypt 証明書のリクエストを完了します。Certbot は、SSL 証明書、チェーン、およびキーファイルを LAMP インスタンスの特定のディレクトリに保存します。

    Let's Encrypt の SSL 証明書リクエストを完了するには

  1. LAMP インスタンスの Lightsail ブラウザベースの SSH セッションで、Enter キーを押し、Let's Encrypt SSL 証明書のリクエストを続行します。成功すると、次のスクリーンショットに示すようなレスポンスが表示されます。

    Let's Encrypt 証明書リクエストの成功。

    証明書、チェーン、およびキーファイルが /etc/letsencrypt/live/Domain/ ディレクトリに保存されたことを確認するメッセージが表示されます。[Domain] (ドメイン) は、登録済みのドメイン名 (/etc/letsencrypt/live/example.com/ など) になります。

  2. メッセージに記載されている有効期限を書き留めておきます。この期限日までに証明書を更新する必要があります。

    Let's Encrypt 証明書の更新日
  3. これで Let's Encrypt SSL 証明書が手に入ったので、このチュートリアルの「次のセクション」に進みます。

LAMP インスタンスの Apache サーバーディレクトリにある Let's Encrypt の SSL 証明書ファイルへのリンクを作成します。また、必要になる場合に備えて既存の証明書をバックアップします。

    Apache サーバーディレクトリで Let's Encrypt の証明書ファイルへのリンクを作成するには

  1. LAMP インスタンスの Lightsail ブラウザベースの SSH セッションで、次のコマンドを入力して基盤となる LAMP スタックサービスを停止します。

    sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh stop

    次のようなレスポンスが表示されます。

    インスタンスサービスは停止しました
  2. 次のコマンドを入力してドメインの環境変数を設定します。

    DOMAIN=Domain

    コマンドで、Domain を登録済みのドメイン名に置き換えます。

    例:

    DOMAIN=example.com
  3. 次のコマンドを入力し、変数が正しい値を返すことを確認します。

    echo $DOMAIN

    次のような結果が表示されます。

    ドメインの環境変数を確認します。
  4. バックアップとして既存の証明書ファイルがある場合、以下のコマンドを個別に入力して名前を書き換えます。

    • Debian Linux ディストリビューションを使用する新しいインスタンスの場合:

      sudo mv /opt/bitnami/apache2/conf/server.crt /opt/bitnami/apache2/conf/server.crt.old
      sudo mv /opt/bitnami/apache2/conf/server.key /opt/bitnami/apache2/conf/server.key.old
    • Ubuntu Linux ディストリビューションを使用する古いインスタンスの場合:

      sudo mv /opt/bitnami/apache/conf/bitnami/certs/server.crt /opt/bitnami/apache/conf/bitnami/certs/server.crt.old
      sudo mv /opt/bitnami/apache/conf/bitnami/certs/server.key /opt/bitnami/apache/conf/bitnami/certs/server.key.old
  5. 以下のコマンドを個別に入力し、Apache ディレクトリで Let's Encrypt の証明書ファイルへのリンクを作成します。

    • Debian Linux ディストリビューションを使用する新しいインスタンスの場合:

      sudo ln -s /etc/letsencrypt/live/$DOMAIN/privkey.pem /opt/bitnami/apache2/conf/server.key
      sudo ln -s /etc/letsencrypt/live/$DOMAIN/fullchain.pem /opt/bitnami/apache2/conf/server.crt
    • Ubuntu Linux ディストリビューションを使用する古いインスタンスの場合:

      sudo ln -s /etc/letsencrypt/live/$DOMAIN/privkey.pem /opt/bitnami/apache/conf/bitnami/certs/server.key
      sudo ln -s /etc/letsencrypt/live/$DOMAIN/fullchain.pem /opt/bitnami/apache/conf/bitnami/certs/server.crt
  6. 次のコマンドを入力して、以前に停止した基盤となる LAMP スタックサービスを開始します。

    sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh start

    次のような結果が表示されます。

    インスタンスサービスは開始されました

    これで SSL 暗号化を使用するように LAMP インスタンスが設定されました。ただし、トラフィックは HTTP から HTTPS に自動的にはリダイレクトされません。

  7. このチュートリアルの「次のセクション」に進みます。

ステップ 8: ウェブアプリケーションの HTTP から HTTPS へのリダイレクトを設定する

LAMP インスタンスの HTTP から HTTPS へのリダイレクトを設定できます。HTTP から HTTPS へのリダイレクトを自動的に行うことで、SSL を使用するユーザーにのみ (HTTP を使用して接続した場合でも) サイトへのアクセスを許可できます。

    ウェブアプリケーションの HTTP から HTTPS へのリダイレクトを設定するには

  1. LAMP インスタンスの Lightsail ブラウザベースの SSH セッションで、次のコマンドを入力し、Vim テキストエディタを使用して Apache ウェブサーバー設定ファイルを編集します。

    sudo vim /opt/bitnami/apache2/conf/bitnami/bitnami.conf

    注意

    このチュートリアルではデモの目的で Vim を使用していますが、任意のテキストエディタを使用できます。

  2. i キーを押して Vim エディタを挿入モードにします。

  3. このファイルで、DocumentRoot "/opt/bitnami/apache2/htdocs"<Directory "/opt/bitnami/apache2/htdocs"> の間に次のテキストを入力します。

    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTPS} !=on
    RewriteRule ^/(.*) https://%{SERVER_NAME}/$1 [R,L]

    結果は次のようになります。

    HTTP から HTTPS へのリダイレクト用に編集された Apache 設定ファイル。
  4. ESC キーを押して「:wq」と入力し、編集内容を書き込んで (保存して) Vim を終了します。

  5. 次のコマンドを入力して基盤となる LAMP スタックサービスを再開し、編集内容を反映します。

    sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart

    これで、HTTP から HTTPS へ自動的に接続をリダイレクトするように LAMP インスタンスが設定されました。訪問者が http://www.example.com にアクセスすると、暗号化された https://www.example.com アドレスに自動的にリダイレクトされます。

ステップ 9: Let's Encrypt 証明書を 90 日ごとに更新する

Let's Encrypt 証明書の有効期間は 90 日間です。証明書は有効期限が切れる 30 日前から更新できます。Let's Encrypt 証明書を更新するには、取得するために使用した元のコマンドを実行します。このチュートリアルの「Let's Encrypt の SSL ワイルドカード証明書をリクエストする」セクションのステップを繰り返します。