‹ ハウツー に戻る

Amazon Route 53 を使用してドメインを Amazon Lightsail インスタンスにポイントする

最終更新日: 2021 年 3 月 8 日

Amazon Lightsail の DNS ゾーンを使用すると、example.com などの登録されたドメイン名を Lightsail インスタンスで実行されているウェブサイトに簡単にポイントできます。最大 3 つの Lightsail DNS ゾーンを (3 つのドメインに) 作成でき、すべての DNS レコードタイプはサポートされていません。Lightsail DNS ゾーンの詳細については、「Amazon Lightsail での DNS」を参照してください。

Lightsail DNS ゾーンが過度に制限されている場合、Amazon Route 53 ホストゾーンを使用して、ドメインの DNS レコードを管理することをお勧めします。DNS は、Route 53 を使用して、最大 500 のドメインを管理でき、非常に多様な DNS レコードタイプをサポートします。また、ドメインの DNS レコードを管理するためにすでに Route 53 を使用していて、引き続き使用することを希望する場合があるかも知れません。このガイドでは、Route 53 で管理されているドメインの DNS レコードを編集して、Lightsail インスタンスをポイントする方法を示します。

Prerequisites

以下の前提条件を満たします (まだ満たしていない場合)。

  • Route 53 を使用してドメイン名を登録する 詳細については、Route 53 ドキュメントの「新しいドメインの登録」を参照してください。

  • すでにドメインを登録しているけれども、そのレコードの管理に Route 53 を使用していない場合は、ドメインの DNS レコードの管理を Route 53 に転送する必要があります。詳細については、Route 53 ドキュメントの「Amazon Route 53 を既存ドメインの DNS サービスにする」を参照してください。

  • Route 53 にドメインのパブリックホストゾーンを作成します。詳細については、Route 53 ドキュメントの「公開ホストゾーンの作成」を参照してください。

  • 静的 IP を作成して Lightsail インスタンスにアタッチします。このガイドでは、インスタンスの静的 IP アドレス (パブリック IP アドレス) に解決される、ドメイン Route 53 ホストゾーンで DNS レコードを作成します。詳細については、「Amazon Lightsail で静的 IP を作成してインスタンスにアタッチする」を参照してください。

Lightsail を使用してドメインを Route 53 インスタンスにポイントする

Route 53 で 2 つの代表的な DNS レコード、アドレス、および正規名を設定して、ドメインに Lightsail インスタンスを参照させるには、次の手順を実行します。

注意

この手順については Route 53 開発者ガイドでも説明しています。詳細については、Route 53 ドキュメントの「Amazon Route 53 コンソール を使用してレコードを作成する」を参照してください。

  1. Route 53 コンソールにサインインします。

  2. ナビゲーションペインで [Hosted zones] を選択します。

  3. ロードバランサーへのトラフィックのルートに使用するドメイン名のホストゾーンを選択します。

  4. [Create record (レコードを作成)] を選択します。

    レコードのクイック作成」ページが表示されます。

    Route 53 でレコードを作成し、エイリアスが Lightsail ロードバランサーをポイントするように設定します。

    注意

    ルーティングポリシーの選択」ページが表示された場合は、[クイック作成に切り替える] を選択し、クイック作成ウィザードに切り替えてから、次のステップを続行します。

  5. [レコードのタイプ] で、以下のいずれかのオプションを選択します。

    A - トラフィックを IPv4 アドレスと一部の AWS リソースにルーティング

  6. アドレス (A) レコードは、ドメイン (example.com など) やサブドメイン (blog.example.com など) をウェブサーバーの IP アドレス (192.0.2.255 など) にマッピングします。

    1. [レコード名] テキストボックスを空のまま、example.com などのドメインの頂点が IP アドレスをポイントするようにするか、サブドメインを入力します。

    2. [レコードタイプ] ドロップダウンメニューで、[A – トラフィックをIPv4 アドレスと一部の AWS リソース にルーティング] を選択します。

    3. Lightsail インスタンスの静的 IP アドレス (パブリック IP アドレス) を [] テキストボックスに入力します。

    4. TTL を 300 に保ち、ルーティングポリシーを [シンプルルーティング] のままにしておきます。

      Route 53 ホストゾーンのアドレスレコードの例
  7. CNAME - トラフィックを別のドメイン名および一部の AWS リソースにルーティング

  8. 正規名 (CNAME) レコードは、www.example.com などのエイリアスまたはサブドメインを example.com などのドメイン、または www2.example.com などのサブドメインにマップします。CNAME レコードは、あるドメインを別のドメインにリダイレクトします。

    1. [レコード名] テキストボックスにサブドメインを入力します。

    2. [レコードタイプ] ドロップダウンメニューで [CNAME - トラフィックを別のドメイン名および一部の AWS リソースにルーティング] を選択します。

    3. [Value] (値) テキストボックスにドメイン (例:example.com) またはサブドメイン(例:another.example.com) を入力します。

    4. TTL を 300 に保ち、ルーティングポリシーを [シンプルルーティング] のままにしておきます。

      Route 53 ホストゾーンの正規名レコードの例
  9. [レコード作成] を選択してホストゾーンにレコードを追加します。

    注意

    変更がインターネットの DNS を通じて伝播されるまで待ちます。これには数分から数時間かかる場合があります。

    Route 53 ホストゾーンで既存のレコードセットを編集するには、編集するレコードを選択し、変更内容を入力して、[保存] を選択します。