‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail でバケットのメトリクスを表示する

最終更新日: 2021 年 7 月 14 日

Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービスでバケットを作成した後、バケットの管理ページの [Metrics] (メトリクス) タブでそのメトリクスグラフを表示できます。メトリクスのモニタリングは、バケットの可用性、パフォーマンスを維持する上で重要なパートです。バケットから定期的にメトリクスデータをモニタリングして収集し、必要に応じてバケットのストレージスペースとネットワーク転送クォータをアップサイズまたはダウンサイズできるようにします。メトリクスの詳細については、「Amazon Lightsail のメトリクス」を参照してください。

リソースを監視するときは、環境内の通常のリソースパフォーマンスのベースラインを確立する必要があります。その後、リソースのパフォーマンスが指定のしきい値を超えたときに通知するように、Lightsail コンソールでアラームを設定できます。詳細については、「Amazon Lightsail の通知」および「Amazon Lightsail のアラーム」を参照してください。

Lightsail で利用可能なバケットメトリクス

次のバケットメトリクスが利用可能です。

  • バケットサイズ — バケットに保存されたデータの量。この値を計算するには、バケット内のすべてのオブジェクト (最新のオブジェクトと最新でないオブジェクトの両方) のサイズを合計します。これには、バケットに対するすべての不完全なマルチパートアップロードのすべてのパートのサイズも含めます。

  • オブジェクトの数 — バケットに保存されたオブジェクトの総数。この値を計算するには、バケット内のすべてのオブジェクト (最新のオブジェクトと最新でないオブジェクトの両方) と、バケットに対するすべての不完全なマルチパートアップロードの合計パート数をカウントします。

注意

バケットが空の場合、バケット メトリクス データはレポートされません。

Lightsail コンソールでのバケットメトリクスの表示

Lightsail コンソールでバケットメトリクスを表示するには、以下の手順を実行します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで [ストレージ] タブを選択します。

  3. メトリクスを表示するバケットの名前を選択します。

  4. バケット管理ページで [Metrics] (メトリクス) タブを選択します。

  5. [Metrics graphs] (メトリクスグラフ) の見出しの下のドロップダウンメニューで、表示するメトリクスを選択します。

    グラフには、選択したメトリクスのデータポイントが視覚的に表示されます。

    ScreenshotTBD

    メトリクスグラフでは、次のアクションを実行できます。

    • グラフの表示を変更して、1 時間、6 時間、1 日、1 週間、2 週間のデータを表示します。

    • データポイント上にカーソルを置くと、そのデータポイントに関する詳細情報が表示されます。

    • 指定したしきい値をメトリクスが超えたときに通知される、選択したメトリクスのアラームを追加します。詳細については、「Amazon Lightsail のアラーム」および「Amazon Lightsail でのバケットメトリクスアラームの作成」を参照してください。

Lightsail でのバケットとオブジェクトの管理

Lightsail オブジェクトストレージバケットを管理するための一般的なステップは次のとおりです。

  1. Amazon Lightsail オブジェクトストレージサービスのオブジェクトとバケットについて説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトストレージ」を参照してください。

  2. Amazon Lightsail でバケットに付けることができる名前について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの命名規則」を参照してください。

  3. バケットを作成することにより、Lightsail オブジェクトストレージサービスの使用を開始します。詳細については、「Amazon Lightsail でのバケットの作成」を参照してください。

  4. バケットのセキュリティに関するベストプラクティスと、バケットに対して設定できるアクセス許可について説明します。バケットのすべてのオブジェクトをパブリックまたはプライベートにすることも、個別のオブジェクトをパブリックにすることもできます。また、アクセスキーを作成し、バケットにインスタンスをアタッチし、他の AWS アカウントへのアクセスを許可して、バケットへのアクセスを許可することもできます。詳細については、「Amazon Lightsail オブジェクトストレージのセキュリティのベストプラクティス」と「Amazon Lightsail のバケットアクセス許可について」を参照してください。

    バケットのアクセス許可について学習したら、次のガイドを参照してバケットへのアクセスを許可します。

  5. バケットのアクセスログ記録を有効にする方法と、アクセスログを使用してバケットのセキュリティを監査する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  6. Lightsail のバケットの管理をユーザーに許可する IAM ポリシーを作成します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットを管理する IAM ポリシー」を参照してください。

  7. バケットのオブジェクトのラベル付けと識別方法について説明します。詳細については、「Amazon Lightsail のオブジェクトのキー名について」を参照してください。

  8. バケットでファイルをアップロードする方法と、オブジェクトを管理する方法について説明します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

  9. オブジェクトのバージョニングを有効にして、バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのあらゆるバージョンを保存、取得、復元することができます。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットでのオブジェクトのバージョニングの有効化と一時停止」を参照してください。

  10. オブジェクトのバージョニングを有効にすると、バケットのオブジェクトの以前のバージョンを復元できるようになります。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのオブジェクトの以前のバージョンの復元」を参照してください。

  11. バケットの使用率をモニタリングします。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのメトリクスの表示」を参照してください。

  12. バケットの使用率がしきい値を超えたときにバケットメトリクスが通知されるようにアラームを設定します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットメトリクスアラームの作成」を参照してください。

  13. ストレージおよびネットワーク転送で不足している場合は、バケットのストレージプランを変更します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットのプランを変更する」を参照してください。

  14. バケットを他のリソースに接続する方法について説明します。詳細については、以下のチュートリアルを参照してください。

  15. バケットを使用しなくなった場合は、バケットを削除します。詳細については、「Amazon Lightsail のバケットの削除」を参照してください。