‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail ディストリビューションの SSL/TLS 証明書を表示

最終更新日: 2020 年 7 月 23 日

Lightsail ディストリビューションで作成した Amazon Lightsail SSL/TLS 証明書を表示できます。そのためには、Lightsail コンソールの任意のディストリビューションの管理ページにアクセスします。

SSL/TLS 証明書の詳細については、「Lightsail の SSL/TLS 証明書」を参照してください。

Prerequisites

開始する前に、Lightsail ディストリビューションを作成する必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail の Amazon Lightsail ディストリビューションを作成する」と「コンテンツ配信ネットワークディストリビューション」を参照してください。

ディストリビューションの SSL/TLS 証明書も作成しておく必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail ディストリビューションの SSL/TLS 証明書の作成」を参照してください。

ディストリビューションの SSL/TLS 証明書を表示

以下の手順を実行して、ディストリビューションの SSL/TLS 証明書を表示します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで、[ネットワーキング] タブを選択します。

  3. ディストリビューションの名前を選択します。

    選択したディストリビューションに関係なく、すべての証明書を表示できます。

  4. ディストリビューション管理ページで [カスタムドメイン] タブを選択します。

  5. ページの [Certificates] (証明書) セクションまで下にスクロールします。

    すべてのディストリビューション証明書は、ページの [Certificates] セクションにリスト化されます。[詳細を表示] を選択して、証明書の重要な日付、暗号化の詳細、ID、検証レコードを表示します。証明書は、作成日から 13 か月間有効です。その後、Lightsail は自動的に証明書の再認証を試みます。ドメインに追加した CNAME レコードは、リストされている有効期限日に証明書が再検証されるときに必要になるため、削除しないでください。

    ディストリビューションで使用する有効な SSL/TLS 証明書を取得したら、カスタムドメインを有効にして、ディストリビューションの証明書のドメイン名を使用できるようにする必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail ディストリビューション用のカスタムドメインの有効化」を参照してください。

追加情報

ここでは、Lightsail でディストリビューションを管理するのに役立つ記事をいくつか紹介します。