‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail でディストリビューションのメトリクスを表示

最終更新日: 2020 年 7 月 23 日

Amazon Lightsail でディストリビューションを作成した後、 ディストリビューションの管理ページの [Metrics] (メトリクス) タブで、そのメトリクスのグラフを見ることができます。メトリクスのモニタリングは、リソースの信頼性、可用性、パフォーマンスを維持する上で重要な要素です。リソースから定期的にメトリクスデータをモニタリングして収集し、マルチポイント障害が発生した場合に、より簡単にデバッグできるようにします。メトリクスの詳細については、「Amazon Lightsail のメトリクス」を参照してください。

リソースを監視するときは、環境内の通常のリソースパフォーマンスのベースラインを確立する必要があります。その後、リソースのパフォーマンスが指定のしきい値を超えたときに通知するように、Lightsail コンソールでアラームを設定できます。詳細については、「Amazon Lightsail の通知」および「Amazon Lightsail のアラーム」を参照してください。

目次

Lightsail で利用可能なディストリビューションメトリクス

次のディストリビューションメトリクスが利用可能です。

  • リクエスト — すべての HTTP メソッド、および HTTP と HTTPS 両方のリクエストについて、ディストリビューションが受信したビューワーリクエストの総数。

  • アップロードされたバイト数 — POST リクエストと PUT リクエストを使用して、ディストリビューションによってオリジンにアップロードされたバイト数。

  • ダウンロードされたバイト数 — GET リクエスト、HEAD リクエスト、および OPTIONS リクエストに対してビューワーがダウンロードしたバイト数。

  • トータルエラー率 — レスポンスの HTTP ステータスコードが 4xx または 5xx であったすべてのビューワーリクエストの割合 (%)。

  • HTTP 4xx トータルエラー率 — レスポンスの HTTP ステータスコードが 4xx であったすべてのビューワーリクエストの割合 (%)。このような場合、クライアントまたはクライアントビューワーでエラーが発生した可能性があります。たとえば、ステータスコード 404 (Not Found) は、クライアントが、検出できないオブジェクトをリクエストしたことを意味します。

  • HTTP 5xx トータルエラー率 — レスポンスのHTTPステータスコードが 5xx であったすべてのビューワー リクエストの割合 (%)。このような場合、オリジンサーバーはリクエストを満たしませんでした。たとえば、ステータスコード 503 (Service Unavailable) は、オリジンサーバーが現在利用できないことを意味します。

ディストリビューションメトリクスを Lightsail コンソールに表示

Lightsail コンソールでディストリビューションメトリクスを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで、[ネットワーキング] タブを選択します。

  3. メトリクスを表示するディストリビューションの名前を選択します。

  4. ディストリビューション管理ページで [Metrics] (メトリクス) タブを選択します。

  5. [Metrics graph (メトリクスグラフ)] 見出しの下のドロップダウンメニューで、表示するメトリクスを選択します。

    グラフには、選択したメトリクスのデータポイントが視覚的に表示されます。

  6. メトリクスグラフでは、次のアクションを実行できます。

    • グラフの表示を変更して、1 時間、6 時間、1 日、1 週間、2 週間のデータを表示します。

    • データポイント上にカーソルを置くと、そのデータポイントに関する詳細情報が表示されます。

    • 指定したしきい値をメトリクスが超えたときに通知される、選択したメトリクスのアラームを追加します。詳細については、「Amazon Lightsail のアラーム」および「Amazon Lightsail でのインスタンスメトリクスアラームの作成」を参照してください。

ディストリビューションメトリクスの表示後の次のステップ

ディストリビューションメトリクスに対して実行できる追加のタスクがいくつかあります。

追加情報

ここでは、Lightsail でディストリビューション管理するのに役立つ記事をいくつか紹介します。