追加のブロックストレージディスクを作成して Linux ベースの Lightsail インスタンスにアタッチする

最終更新日: 2017 年 11 月 14 日

Lightsail インスタンス用に追加のブロックストレージディスクを作成してアタッチすることができます。追加ディスクを作成したら、Linux/Unix ベースの Lightsail インスタンスに接続してディスクをフォーマットおよびマウントする必要があります。

このトピックでは、Lightsail を使用して新しいディスクを作成し、アタッチする方法について説明します。さらに、アタッチされたディスクをフォーマットしてマウントできるように、SSH を使用して Linux/Unix ベースのインスタンスに接続する方法についても説明します。

Windows Server ベースのインスタンスを使用している場合は、代わりに「Amazon Lightsail でブロックストレージディスクを作成して Windows Server インスタンスにアタッチする」を参照してください。

ステップ 1: 新しいディスクを作成してインスタンスにアタッチする

  1. Lightsail のホームページで [ストレージ] を選択します。

  2. [ディスクの作成] を選択します。

  3. Lightsail インスタンスが配置されている AWS リージョンおよびアベイラビリティーゾーンを選択します。

  4. サイズを選択します。

  5. ディスクの名前を入力します。

  6. 以下のいずれかのオプションを選択して、ディスクにタグを追加します。

    • [Add key-only tags (キーのみのタグを追加)] または [Edit key-only tags (キーのみのタグを編集)] (タグが追加済みの場合)。タグキーのテキストボックスに新しいタグを入力し、Enter キーを押します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択します。タグを追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      Lightsail コンソールのキーのみのタグ。
    • [Create a key-value tag (キーと値のタグを作成)]。[Key] テキストボックスにキーを入力し、[Value (値)] テキストボックスに値を入力します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択します。タグを追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      キーと値のタグは、一度に 1 つのみ追加できます。さらにキーと値のタグを追加するには、以上のステップを繰り返します。

      Lightsail コンソールのキーと値のタグ。

    注意

    「キーのみ」のタグと「キーと値」のタグの詳細については、「Amazon Lightsail のタグ」を参照してください。

  7. [ディスクの作成] を選択します。

    数秒後、ディスクが作成され、新しいディスク管理ページが表示されます。

  8. リストからインスタンスを選択し、[アタッチ] を選択して、新しいディスクをインスタンスにアタッチします。

    ドロップダウンリストからインスタンスを選択し、ディスクをインスタンスにアタッチする

ステップ 2: インスタンスに接続し、ディスクをフォーマットしてマウントする

  1. ディスクを作成してアタッチしたら、Lightsail でインスタンス管理ページに戻ります。

    デフォルトでは、[接続] タブが表示されます。

    インスタンス管理ページの [接続] タブ
  2. [SSH を使用して接続] を選択してインスタンスに接続します。

  3. 次の内容を入力します。

    lsblk

    次のような出力が表示されます。

    NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
    xvda 202:0 0 80G 0 disk
    └─xvda1 202:1 0 80G 0 part /
    xvdf 202:80 0 64G 0 disk

    lsblk の出力は、ディスクパスからプレフィックス /dev/ を削除します。

  4. ディスクにファイルシステムを作成する必要があるかどうかを確認します。新しいディスクは未加工のブロックデバイスであるため、マウントして使用する前に、ボリュームにファイルシステムを作成する必要があります。スナップショットから復元されたディスクには、多くの場合既にファイルシステムがあります。既存のファイルシステムの上に新しいファイルシステムを作成した場合、データが上書きされます。特殊な情報 (ファイルシステムの種類など) を一覧表示するには、次のコマンドを使用します。

    sudo file -s /dev/xvdf

    新しいディスクでは、次のような出力が表示されます。

    /dev/xvdf: data

    次のような出力が表示される場合、ディスクに既にファイルシステムがあることを意味します。

    /dev/xvda1: Linux rev 1.0 ext4 filesystem data, UUID=1701d228-e1bd-4094-a14c-12345EXAMPLE (needs journal recovery) (extents) (large files) (huge files)
  5. 次のコマンドを使用して、ディスクに ext4 ファイルシステムを作成します。device_name をデバイス名 (例: /dev/xvdf) に置き換えます。アプリケーションの要件またはオペレーティングシステムの制限に応じて、ext3XFS など、異なるファイルシステムの種類を選択できます。

    重要

    この手順では、空のディスクをマウントすることを前提としています。既にデータが含まれるディスク (スナップショットから復元したディスクなど) をマウントする場合は、ディスクのマウント前に mkfs を使用しないでください。代わりに、この手順のステップ 6 に進んでマウントポイントを作成します。ステップ 1 を実行した場合、ディスクがフォーマットされ、既存のデータが削除されます。

    sudo mkfs -t ext4 device_name

    次のような出力が表示されます。

    mke2fs 1.42.9 (4-Feb-2014)
    Filesystem label=
    OS type: Linux
    Block size=4096 (log=2)
    Fragment size=4096 (log=2)
    Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
    4194304 inodes, 16777216 blocks
    838860 blocks (5.00%) reserved for the super user
    First data block=0
    Maximum filesystem blocks=4294967296
    512 block groups
    32768 blocks per group, 32768 fragments per group
    8192 inodes per group
    Superblock backups stored on blocks:
    32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
    4096000, 7962624, 11239424
    
    Allocating group tables: done
    Writing inode tables: done
    Creating journal (32768 blocks): done
    Writing superblocks and filesystem accounting information: done
  6. 次のコマンドを使用して、ディスクのマウントポイントディレクトリを作成します。マウントポイントとは、ディスクをマウントした後、ファイルシステムツリー内でディスクが配置され、ファイルの読み書きが実行される場所です。mount_point を場所 (例: /data) に置き換えます。

    sudo mkdir mount_point
  7. ディスクでファイルシステムが作成されたことを確認するには、次のコマンドを入力します。

    sudo file -s /dev/xvdf

    /dev/xvdf: data の代わりに、以下のような出力結果が表示されるはずです。

    /dev/xvdf: Linux rev 1.0 ext4 filesystem data, UUID=0ee83fdf-e370-442e-ae38-12345EXAMPLE (extents) (large files) (huge files)
  8. 最後に、次のコマンドを入力して、ディスクをマウントします。

    sudo mount device_name mount_point

    新しいディスクマウントのファイルのアクセス許可をプレビューして、ユーザーとアプリケーションがディスクに書き込みできることを確認します。ファイルのアクセス許可の詳細については、Amazon EC2 ユーザーガイドの「Amazon EBS ボリュームを使用できるようにする」を参照してください。

ステップ 3: インスタンスを再起動するたびにディスクをマウントする

通常は、Lightsail インスタンスを再起動するたびにこのディスクをマウントしてください。マウントしない場合、このステップは省略可能です。

  1. システムブート時に常に、このディスクをマウントするには、/etc/fstab ファイルにデバイス用のエントリを追加します。

    /etc/fstab ファイルのバックアップコピーを作成すると、編集中に誤って破壊/削除してしまった場合にこのコピーを使用できます。

    sudo cp /etc/fstab /etc/fstab.orig
  2. 任意のテキストエディタ (例: vim など) を使って /etc/fstab ファイルを開きます。

    変更を保存するには、ファイルを開く前に sudo と入力する必要があります。

  3. 次のフォーマットを使って、ディスクのファイルの最後に新しい行を追加します。

    device_name mount_point file_system_type fs_mntops fs_freq fs_passno

    たとえば、新しい行は以下のようになります。

    /dev/xvdf /data ext4 defaults, nofail 0 2
  4. ファイルを保存し、テキストエディタを終了します。