‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail でブロックストレージディスクを作成して Windows Server インスタンスにアタッチする

最終更新日: 2018 年 9 月 5 日

ストレージ容量を追加する必要がある場合は、Amazon Lightsail でブロックストレージディスクを作成して Windows Server インスタンスにアタッチできます。ブロックストレージディスクの詳細については、「Lightsail におけるブロックストレージディスク」を参照してください。

このガイドでは、Lightsail コンソールを使用して新しいブロックストレージディスクを作成し、Windows Server インスタンスにアタッチする方法について説明します。さらに、RDP を使用して Windows Server インスタンスに接続し、ディスクをオンラインにして初期化する方法についても説明します。

この手順は、Windows Server 2016 と Windows Server 2012 R2 で同じです。

注意

Linux または Unix インスタンスを使用している場合は、「Amazon Lightsail でディスクを作成して Linux または Unix インスタンスにアタッチする」を参照してください。

ステップ 1: 新しいブロックストレージディスクを作成してインスタンスにアタッチする

Amazon Lightsail コンソールを使用して新しいブロックストレージディスクを作成し、インスタンスにアタッチします。

    新しいブロックストレージディスクを作成してインスタンスにアタッチするには

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. [ストレージ] タブ、[ディスクの作成] の順に選択します。

  3. Lightsail インスタンスが配置されている AWS リージョンおよびアベイラビリティーゾーンを選択します。

  4. ディスクサイズを選択します。

  5. ストレージディスクの名前を入力します。

    リソース名:

    • Lightsail アカウントのAWS リージョンで一意でなければなりません。

    • 2 〜 255 文字を含める必要があります。

    • 先頭と末尾は英数字または数字にする必要があります。

    • 英数字、数字、ピリオド、ダッシュ、アンダースコアを含めることができます。

  6. 以下のいずれかのオプションを選択して、ディスクにタグを追加します。

    • [Add key-only tags (キーのみのタグを追加)] または [Edit key-only tags (キーのみのタグを編集)] (タグが追加済みの場合)。タグキーのテキストボックスに新しいタグを入力し、Enter キーを押します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択してタグを追加します。タグを追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      Lightsail コンソールのキーのみのタグ。
    • [Create a key-value tag (キーと値のタグを作成)]。[Key] テキストボックスにキーを入力し、[Value (値)] テキストボックスに値を入力します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択します。タグを追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      キーと値のタグは、一度に 1 つ追加するたびに保存します。さらにキーと値のタグを追加するには、以上のステップを繰り返します。

      Lightsail コンソールのキー値のタグ。

    注意

    「キーのみ」のタグと「キーと値」のタグの詳細については、「Amazon Lightsail のタグ」を参照してください。

  7. [ディスクの作成] を選択します。

    数秒後にディスクが作成され、新しいディスク管理ページでディスクの情報を確認できます。

  8. リストからインスタンスを選択し、[アタッチ] を選択して、新しいディスクをインスタンスにアタッチします。

    ドロップダウンリストからインスタンスを選択し、ディスクをインスタンスにアタッチする

    ブロックストレージディスクをオンラインにするには、このガイドの「ステップ 2: インスタンスに接続し、ブロックストレージディスクをオンラインにする」セクションに進みます。

ステップ 2: インスタンスに接続し、ブロックストレージディスクをオンラインにする

Windows Server インスタンスに接続し、ディスクの管理ユーティリティを使用して、前にアタッチしたブロックストレージディスクをオンラインにします。

    インスタンスに接続してブロックストレージディスクをオンラインにするには

  1. Lightsail コンソールのホームページに移動します。

  2. このガイドで前に追加のストレージディスクをアタッチしたインスタンスの名前を選択します。

  3. [接続] タブで、[RDP を使用して接続] を選択します。

  4. Windows のスタートメニューで、コンピューターの管理を検索し、検索結果から [コンピューターの管理] を選択します。

    Windows でのハードディスクの作成とフォーマットの検索
  5. [コンピューターの管理] の左側のペインで、[ディスクの管理] を選択します。

  6. [ディスクの管理] ユーティリティの下部のペインで、[不明 / オフライン] というラベルが付いているディスクを選択します。これが、このガイドで前にインスタンスにアタッチしたブロックストレージディスクです。

    Windows Server インスタンスにアタッチされた未割り当てのディスク
  7. ディスクを選択した状態で、[操作] メニューの [すべてのタスク] をポイントし、[オンライン] を選択します。

    [操作] メニューを使用してブロックストレージディスクをオンラインにする

    ブロックストレージディスクのステータスが [初期化されていません] に更新されるのがわかります。ブロックストレージディスクはまだオンラインになっていません。ブロックストレージディスクを初期化するには、このガイドの「ステップ 3: ブロックストレージディスクを初期化する」セクションに進みます。

ステップ 3: ブロックストレージディスクを初期化する

フォーマットできるように、ブロックストレージディスクを初期化します。

重要

すでにデータが含まれているディスク (スナップショットから作成したディスクなど) をマウントする場合は、ディスクを再フォーマットしないように注意してください。再フォーマットすると、既存のデータが削除されます。

    ブロックストレージディスクを初期化するには

  1. ディスクの管理ユーティリティの下部のペインで、[不明 / 初期化されていません] というラベルが付いているディスクを選択します。

    Windows Server インスタンスにアタッチされた未割り当てのディスク
  2. ディスクを選択した状態で、[操作] メニューの [すべてのタスク] をポイントし、[ディスクの初期化] を選択します。

    [操作] メニューを使用してブロックストレージディスクを初期化する
  3. 新しいディスクのパーティションスタイルを選択し、[OK] を選択します。

    注意

    パーティションスタイルの詳細については、Microsoft の記事「About partition styles - GPT and MBR」を参照してください。

    ブロックストレージディスクのステータスが [オンライン] に更新されるのがわかります。ファイルシステムでブロックストレージディスクをフォーマットにするには、このガイドの「ステップ 4: ディスクをファイルシステムでフォーマットする」セクションに進みます。

ステップ 4: ディスクをファイルシステムでフォーマットする

Windows Server の新しいシンプルボリュームウィザードを使用して、ドライブ文字を割り当て、ディスクをファイルシステムでフォーマットします。

    ディスクをファイルシステムでフォーマットするには

  1. ディスクの管理ユーティリティの下部のペインで、[未割り当て] というラベルが付いているブロックストレージディスクのパーティションを選択します。

    Windows Server インスタンスにアタッチされた未割り当てのディスク
  2. パーティションを選択した状態で、[アクション] メニューの [すべてのタスク] をポイントし、[新しいシンプルボリューム] を選択します。

    [操作] メニューを使用して新しいシンプルボリュームウィザードを開始する
  3. 新しいシンプルボリュームウィザードの指示に従って、NTFS、FAT32、または ReFS ファイルシステムタイプを選択し、ディスクをフォーマットします。

    注意

    これらの各ファイルシステムの詳細については、Microsoft の記事「NTFS の概要」、「Resilient File System (ReFS) の概要」、および「FAT32 ファイル システムについて」を参照してください。

    完了すると、ドライブ文字と次のメッセージがディスクの管理ユーティリティに表示されます。

    Windows Server 2016 で正常を示す新しいシンプルボリュームウィザード