‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail で使用する AWS Command Line Interface の設定

最終更新日: 2019 年 10 月 2 日

AWS Command Line Interface (AWS CLI) は、上級ユーザーとデベロッパー向けのツールであり、ターミナル (Linux と Unix) またはコマンドプロンプト (Windows) でコマンドを入力することで、Amazon Lightsail サービスを制御できます。また、Lightsail コンソール、グラフィカルユーザーインターフェイス、および Lightsail アプリケーションプログラムインターフェイス (API) を使用して、Lightsail を制御することもできます。

Lightsail では、AWS CLI をローカルデスクトップまたは Lightsail インスタンスにインストールできます。

  • AWS CLI をローカルデスクトップにインストールするには、AWS Command Line Interface ドキュメント内の「AWS CLI のインストール」を参照してください。

  • AWS CLI を Ubuntu ベースの Lightsail インスタンスにインストールするには、インスタンスに接続し、「sudo apt-get -y install awscli」と入力します。

注意

AWS CLI は Amazon Linux の Lightsail インスタンスにインストール済みです。再インストールする必要がある場合は、インスタンスに接続し、「sudo yum install aws-cli」と入力します。

AWS CLI をインストールした後、アクセスキーを取得してから、それらを使用するために AWS CLI を設定する必要があります。詳細については、「Amazon Lightsail API または AWS Command Line Interface を使用するためのアクセスキーの作成」を参照してください。