‹ ハウツー に戻る

Amazon Lightsail の Bitnami インスタンス用のアプリケーションのユーザー名とパスワードの取得

最終更新日: 2021 年 4 月 1 日

Bitnami は、Amazon Lightsail インスタンス (仮想プライベートサーバー) として作成できるアプリケーションインスタンスイメージ (設計図) の多くを提供します。これらの設計図は、Lightsail コンソールのインスタンス作成ページに「Packaged by Bitnami」として示されます。

Bitnami ブループリントを使用してインスタンスを作成したら、このインスタンスにサインインして管理します。これを行うには、インスタンスで実行されるアプリケーションやデータベースのデフォルトのユーザー名とパスワードを取得する必要があります。この記事では、以下の設計図から作成された Lightsail インスタンスにサインインして管理するために必要な情報を取得する方法を示します。

  • WordPress ブログおよびコンテンツ管理アプリケーション

  • 同じインスタンスで複数のウェブサイトをサポートする WordPress Multisite ブログおよびコンテンツ管理アプリケーション

  • Django 開発スタック

  • Ghost ブログおよびコンテンツ管理アプリケーション

  • LAMP 開発スタック (PHP 7)

  • Node.js 開発スタック

  • Joomla コンテンツ管理アプリケーション

  • Magento e コマースアプリケーション

  • MEAN 開発スタック

  • Drupal コンテンツ管理アプリケーション

  • GitLab CE リポジトリアプリケーション

  • Redmine プロジェクト管理アプリケーション

  • Nginx (LEMP) 開発スタック

Bitnami アプリケーションおよびデータベースのデフォルトユーザー名を取得する

以下は、Bitnami 設計図を使用して作成された Lightsail インスタンスのアプリケーションおよびデータベースのデフォルトユーザー名です。

注意

すべての Bitnami 設計図にアプリケーションやデータベースが含まれているわけではありません。設計図にアプリケーションやデータベースが含まれていない場合、ユーザー名は該当なし (N/A) として表示されます。

  • WordPress (WordPress Multisite を含む)

    • アプリケーションユーザー名: user

    • データベースユーザー名: root

  • PrestaShop

    • アプリケーションユーザー名: user@example.com

    • データベースユーザー名: root

  • Django

    • アプリケーションユーザー名: N/A

    • データベースユーザー名: root

  • Ghost

    • アプリケーションユーザー名: user@example.com

    • データベースユーザー名: root

  • LAMP スタック (PHP 5 および PHP 7)

    • アプリケーションユーザー名: N/A

    • データベースユーザー名: root

  • Node.js

    • アプリケーションユーザー名: N/A

    • データベースユーザー名: N/A

  • Joomla

    • アプリケーションユーザー名: user

    • データベースユーザー名: root

  • Magento

    • アプリケーションユーザー名: user

    • データベースユーザー名: root

  • MEAN

    • アプリケーションユーザー名: N/A

    • データベースユーザー名: root

  • Drupal

    • アプリケーションユーザー名: user

    • データベースユーザー名: root

  • GitLab CE

    • アプリケーションユーザー名: user

    • データベースユーザー名: postgres

  • Redmine

    • アプリケーションユーザー名: user

    • データベースユーザー名: root

  • Nginx

    • アプリケーションユーザー名: N/A

    • データベースユーザー名: root

Bitnami アプリケーションおよびデータベースのデフォルトパスワードを取得する

アプリケーションおよびデータベースのデフォルトパスワードはインスタンスに保存されています。これを取得するには、Lightsail コンソールのブラウザベースの SSH ターミナルを使用し、専用のコマンドを実行して接続します。

    Bitnami アプリケーションおよびデータベースのデフォルトパスワードを取得するには

  1. Lightsail コンソールにサイン・インします。

  2. Bitnami ブループリントを使用してインスタンスを作成します (まだ作成していない場合)。詳細については、「Amazon Lightsail VPS を作成する」を参照してください。

  3. Lightsail のホームページで、接続先のインスタンスのクイック接続アイコンを選択します。

    クイック接続を使用してブラウザベースの SSH クライアントを開く。

    以下の例に示すように、ブラウザベースの SSH クラインとウィンドウが開きます。

    Lightsail のブラウザベースの SSH クライアント。
  4. 次のコマンドを入力してデフォルトのアプリケーションのパスワードを取得します。

    cat bitnami_application_password

    注意

    ユーザーのホームディレクトリ以外のディレクトリで作業している場合は、「cat $HOME/bitnami_application_password」と入力します。

    次のようなレスポンスにアプリケーションのパスワードが表示されます。

    Bitnami アプリケーションのデフォルトパスワード。
  5. ターミナル画面でパスワードを強調表示し、ブラウザベースの SSH クライアントウィンドウの右下でクリップボードアイコンを選択します。

  6. クリップボードテキストボックスで、コピーするテキストを強調表示し、Ctrl+C または Cmd+C を押してテキストをローカルクリップボードにコピーします。

    ブラウザベースの SSH クライアントのクリップボードテキストボックス。

    重要

    この時点で、任意の場所にパスワードを保存します。このパスワードは、後で覚えやすいパスワードに変更できます。

インスタンスで Bitnami アプリケーションにサインインする

WordPress、Joomla、Magento、Drupal、GitLab CE、および Redmine 設計図から作成したインスタンスの場合は、インスタンスのパブリック IP アドレスを参照してアプリケーションにサインインします。

    Bitnami アプリケーションにサインインするには

  1. ブラウザウィンドウで、インスタンスのパブリック IP アドレスに移動します。

    Bitnami アプリケーションのホームページが開きます。ホームページは、インスタンスで選択した Bitnami 設計図に応じて表示されます。たとえば、これは WordPress アプリケーションのホームページです。

    WordPress の Bitnami アプリケーションのホームページ。
  2. アプリケーションのホームページの右下にある Bitnami ロゴを選択し、アプリケーション情報ページに移動します。

    注意

    GitLab CE アプリケーションには Bitnami ロゴが表示されません。代わりに、GitLab CE ホームページに表示されるユーザー名とパスワードのテキストフィールドを使用してサインインします。

    アプリケーション情報ページには、インスタンスのアプリケーションのユーザー名とログインページへのリンクが表示されます。

    Bitnami アプリケーション情報ページ。
  3. ページのログインリンクを選択し、インスタンスのアプリケーションのログインページに移動します。

  4. 取得したユーザー名とパスワードを入力し、[Log In (ログイン)] を選択します。

    WordPress のログインページ。

次のステップ

以下のリンクを使用して、Bitnami 設計図の詳細を確認し、チュートリアルを表示します。たとえば、WordPress インスタンスのプラグインをインストールしたり、SSL 証明書を使用して HTTPS サポートを有効化したりできます。

詳細については、「Get Started with Bitnami Applications using Amazon Lightsail」または「Using Amazon Lightsail FAQ」を参照してください。