Amazon Lightsail でのパブリック IP アドレスとプライベート IP アドレス

tl;dr

パブリック IP アドレスは、インターネットを介した直接的なアクセスを許可するため、Lightsail インスタンスに割り当てられたアドレスです。インターネットから直接アクセス可能なウェブサーバー、メールサーバー、またはインターネットから直接アクセスできるサーバーデバイスは、すべてパブリック IP アドレスの候補です。パブリック IP アドレスはグローバルに一意であり、一意のデバイスにのみ割り当てることができます。

プライベート IP アドレスは、InterNIC によって割り当てられたアドレス空間で、組織が独自のプライベートネットワークを作成できるようにします。

最終更新日: 2017 年 3 月 23 日

パブリック IP アドレスとプライベート IP アドレスは何が違うのですか。

インスタンス間で通信する場合には、プライベート IP アドレスを使用するのが低コストで迅速です。

同じデータセンター内のウェブサーバーとデータベースサーバーを使用する場合、パブリックポートを開く必要がないため、プライベートネットワークを介して通信する方が安全です。Lightsail 以外の AWS リソース (Amazon RDS データベースなど) との通信は、VPC ピア接続を介して行うことができます。

パブリックおよびプライベート IP アドレス両方についての詳細な説明は、IP アドレスを参照してください。

Lightsail では、パブリック IP アドレスとプライベート IP アドレスに加えて、基本的には値が変わらないパブリック IP アドレスである静的 IP アドレスもあります。Lightsail インスタンスに静的 IP アドレスを割り当てることによって、インスタンスの再起動時に同じパブリック IP アドレスが保持されるようにできます。その方法については、「静的 IP アドレスを作成し、Lightsail インスタンスにアタッチする」を参照してください。

詳細については、「Amazon EC2 インスタンスの IP アドレッシング」を参照してください。