Amazon Lightsail とは

最終更新日: 2018 年 3 月 23 日

仮想プライベートサーバーだけを必要とする場合、Amazon Lightsail は AWS の使用を開始する最も簡単な方法です。Lightsail には、プロジェクトをすばやく開始するためのすべてが揃っています。仮想マシン、SSD ベースのストレージ、データ転送、DNS 管理、静的 IP アドレスなどが予測可能な低価格で提供されます。インスタンスを作成した後、簡単にインスタンスに接続できます。インスタンスの管理には、Lightsail コンソール、Lightsail API、または Lightsail コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用できます。

Lightsail の対象

Lightsail は開発者向けです。開発プロジェクトをすばやく開始する Lightsail インスタンスのイメージを選択できるため、ソフトウェアやフレームワークのインストールに時間を費やす必要はありません。

個人プロジェクトに携わっている個々の開発者または愛好家にとっては、Lightsail は基本的なクラウドリソースのデプロイおよび管理に役立ちます。仮想マシンやネットワーキングなどのクラウドサービスの学習や試用に関心があるユーザーにとっては、Lightsail から開始するのが最も簡単です。

Lightsail には、基本オペレーティングシステム、LAMP、LEMP (Nginx)、SQL Server Express などの開発スタック、および WordPress、Drupal、Magento などのアプリケーションが含まれているイメージがあります。各イメージにインストールされているソフトウェアの詳細については、「Lightsail インスタンスのイメージの選択」を参照してください。

プロジェクトの成長に合わせて、ブロックストレージディスクを追加し、Lightsail インスタンスにアタッチすることができます。これらのインスタンスとディスクのスナップショットを作成すると、それらのスナップショットから新しいインスタンスを簡単に作成できます。また、VPC をピアリング接続すると、Lightsail インスタンスで Lightsail 外の他の AWS リソースを使用することもできます。

Lightsail ロードバランサーを作成し、ターゲットインスタンスをアタッチして可用性の高いアプリケーションを作成することもできます。暗号化された (HTTPS) トラフィック、セッション永続性、ヘルスチェックなどを処理できるように、ロードバランサーを設定することもできます。

Lightsail でのオペレーティングシステム

    Linux

  • Amazon Linux 2017

  • CentOS 7

  • Ubuntu Server 16 および 18

  • Free BSD 10

  • Debian 8 および 9

  • openSUSE Leap

    Windows

  • Windows Server 2016

  • Windows Server 2012 R2

Lightsail での CMS アプリケーション

    Linux

  • WordPress powered by Bitnami

  • WordPress Multisite powered by Bitnami

  • Drupal powered by Bitnami

  • Joomla powered by Bitnami

Lightsail での e コマースアプリケーションおよびプロジェクト管理アプリケーション

    Linux

  • Magento powered by Bitnami (e コマース)

  • Redmine (プロジェクト管理)

Lightsail での開発スタック

    Linux

  • LAMP stack (PHP 5 および PHP 7) powered by Bitnami

  • Node.js powered by Bitnami

  • MEAN Stack powered by Bitnami (HVM)

  • LEMP Stack (Nginx) by Bitnami

  • GitLab powered by Bitnami (HVM)

  • Ubuntu の Plesk ホスティングスタック

    Windows

  • SQL Server 2016 Express

今すぐ始める

以下を実行して開始できます。